1. 冷静に判断するようにしよう!ロジカルシンキングで原因を特定するときに気をつけたいこと

冷静に判断するようにしよう!ロジカルシンキングで原因を特定するときに気をつけたいこと

by kanegen
 ロジカルシンキングをするメリットとして、物事の原因を特定することができるということが挙げられるのではないでしょうか。ここでは、ロジカルシンキングして原因を特定するときに気をつけたいことを紹介していきたいと思います。

論理的過程が正しいのか

 ロジカルシンキングをしていく中で、論理的な前提を考えていなかったり、論理の飛躍があり、原因と結果の分析が間違ってされてしまう場合があります。論理的な道筋を一つ一つたどって、それがどのような過程を得ているのか、論理的なつながりははっきりとしているのかということを物事の原則や、具体的な事例の検討を加えながらじっくりと検討する必要があるでしょう。

感情的な側面に注意する

 ロジカルシンキングをする上では、感情を思考の中に入れてはいけません。しかし、どうしても人間の思考には、感情的な側面が入り込んでしまうことがあるでしょう。先ほどのように、もう一度思考の筋道をたどって自分の思考に感情的な側面が含まれていないか調べることや、一度思考を止め、もう一度別の時間に考えると、感情に左右されずに思考することが出来ます。


 ここでは、ロジカルシンキングで原因を特定するときに気をつけたいことを紹介しました。ロジカルシンキングで起こりやすいミスを防ぐためにもここで紹介したようなことに気をつけましょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する