1. 相手に見やすいような配慮を!企画書にグラフを掲載するときに気をつけたいこと

相手に見やすいような配慮を!企画書にグラフを掲載するときに気をつけたいこと

by 陈从峰
 企画書を作る時に必要なのが、相手を納得させるような根拠であったり、理由をつけることです。グラフを用いて、相手に数字を見やすく示すと、データに即した根拠を示すことが出来るのではないでしょうか。ここでは、企画書にグラフを掲載するときに気をつけたいことを紹介していきたいと思います。

見やすさを意識する

 グラフを掲載しても、見てすぐにどういうデータなのかわからなかったり、数字が見にくいようでは、意味がありません。数字やグラフの見やすさを意識して、自分だけでなく、相手が見てもすぐにグラフや、グラフの指し示す数字の意味がわかるようなグラフを作るようにしましょう。

目的に適したグラフを使う

 グラフの種類としては円グラフや棒グラフなど、多種多様なものがあります。それぞれの特徴をつかんで、目的に適したグラフを使いましょう。たとえば、円グラフは、全体の中で、示す量やシェアを表すのに適しており、棒グラフや折れ線グラフは、推移や伸び率を見ることに適しています。自分の示したい内容に合わせて利用するグラフも変えていきましょう。


 ここでは、企画書を作成するときにグラフを掲載する場合に気をつけたいことを紹介しました。データを掲載することで、より説得力のある企画書を作ることができます。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する