1. かけるメガネで差をつける!ビジネスマン必見のメガネ選びで重視する2つのポイント

かけるメガネで差をつける!ビジネスマン必見のメガネ選びで重視する2つのポイント

  • 15770views
  • 0fav

by Norio.NAKAYAMA
 「ビジネスマンは見た目から」という言葉もあるように、日々多くの人と接する職業に付いている人は特に見た目がとても重要です。目が悪くメガネを使用している人にとって、見た目の良し悪しを決めるのは「メガネの選び方」です。

 何となくかっこいいから、おしゃれだからといった理由でメガネを決めていませんか?もしくは、仕事中しか掛けないし面倒だからといった理由で適当に選んでいる人もいるのではないでしょうか。ここでは、メガネを使用する全てのビジネスマンのために、見た目で印象を良くするメガネの選び方をご紹介します。

1,顔の形で選ぶ

 自分の顔の形に合っていないメガネを掛けることほど、滑稽なことはありません。メガネのフレームには数種類かあり、自分の顔の輪郭に合った形のメガネを掛けることが重要です。

面長の人

 顔が面長の人に合うメガネの形は、すばり「ウェリントン」です。上下の幅が広めなウェリントンのメガネをかけることで、面長をカバーすることが出来ると同時に全体のバランスを整えることが出来ます。シャープ形のメガネは面長を強調してしまうことになるので避けるようにしくてださい。

丸顔の人

 丸顔の人に合う形は、メガネの王道である「スクエア」です。丸顔だと何となくにぶそうなイメージを与えがちですが、スクエアで角張った要素を足すことで上手く調和され、全体のバランスが良くなります。

逆三角形の人

 輪郭が逆三角形型の場合、話している人の目線がつい顎の方にいきがちになってしまいます。そこで、目立つ個性的なメガネをチョイスして目元に足すことによって相手の注目も目元に向けることができ、しっかりと目を見て話をすることが出来ます。選ぶべきメガネの特徴として、リムの部分が広めなものなどが良いでしょう。

2,どんな印象を受けたいかで選ぶ

 メガネはしばしば、その人の個性を形成するためのツールにもなりえます。メガネ1つで印象はガラリと変わるので、自分のイメージを合ったものを選ぶことも重要です。

クールなできる人に見られたい

 クールな出来る男性に見られたいビジネスマンが選ぶべきメガネのポイントは、フレームがシルバーであることです。シルバーフレームの鋭いイメージが、自分をクールで頭の切れるイメージに変えてくれます。

個性を際立たせたい

 職場で自分の個性を主張したい人は、フレームの太めなメガネを選ぶことがおすすめです。太めのフレームを顔に足すことで、顔全体にインパクトを与えてくれるので相手にも顔を覚えてもらいやすくなることでしょう。

品のある自然派なイメージに見られたい

 多くの人がいる職場において、一際品のあるイメージを醸しだしたいという人は、ふち無しのメガネを選ぶことをおすすめします。縁がないというだけで、相手にシンプルなナチュラル感を与えることができ、鮮やかなカラーを足すとより良い印象を相手に与える事ができます。

 メガネ選びのコツは、ます自分の顔の輪郭にあった形のメガネを選ぶこと、そして自分が纏いたいイメージを想像して選択肢を絞っていくことです。メガネ選びにもしっかりと気を使い、ビジネスシーンにおける自分をコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する