1. 【相手の立場に立って考える】仕事でのコミュニケーションを円滑にするコツ

【相手の立場に立って考える】仕事でのコミュニケーションを円滑にするコツ

by chichacha
 会社という組織で働くビジネスマンにとって必要不可欠なコミュニケーション能力。仕事を円滑に進めるためにも社内での上司や部下とのコミュニケーションは必須ですし、営業先においても、同じくこの能力が重要になってきます。

 しかし、人付き合いが苦手だったり、思った事が上手く伝えられず仕事に支障が出たりとコミュニケーションが円滑に進まずに悩んでいる人も多いでしょう。今回は仕事でのコミュニケーションを円滑にするコツをいくつか紹介します。

まずは普段のコミュニケーションから

 仕事のコミュニケーションを円滑にするためにも、普段から挨拶や軽い世間話などを自分から話しかけてコミュニケーションをとっておくと、相手がどういう性格の人か理解できますし、相手にも自分がどういう人間か分かってもらえるため、仕事上の意思疎通が図りやすくなり仕事上のコミュニケーションも円滑にする事が出来ます。ただ、世間話とはいえ、あまり自分の話しばかりするのはNG。相手の事を理解するためにもなるべく質問を投げかける方が良いでしょう。

 また、会話をするときのコツとして、自分の価値観とは違っても否定せずに質問で投げ返したり、相手の良い点を見つけて誉めたりする事で好感度を得る事が出来ます。せっかく普段からコミュニケーションをとっていても、嫌われてしまっては本末転倒なので同僚や上司の悪口や仕事の愚痴なども控えた方が良いでしょう。

分かりにくい説明をしない

 相手に仕事を頼む時、自分で仕事の内容を理解している場合に多く見受けられる例ですが、自分では十分説明していると思っていても、相手にとっては分かりにくい事が多々あります。抽象的な説明や専門用語の多様は避けて、なるべく具体的な言葉を使いながら相手の立場に立って理解しやすい説明かどうか、足りない言葉がないかどうかを考えるようにする事が仕事でのコミュニケーションを円滑にするコツの1つです。

 言葉だけで分かりにくい場合は簡単な図にして説明したり、長い説明の時は箇条書きなどにすると、相手にも分かりやすく伝えることができます。また、説明の時には結論を先に言っておくと聞いてる方も、その後の説明が理解しやすくなるでしょう。


 以上、仕事でのコミュニケーションを円滑にするコツをいくつかご紹介しましたが、コミュニケーションが円滑に進まずに悩んでいる人は、相手に原因があると思いがち。しかし、意外にも自分の独りよがりな価値観の押しつけや言動などに原因がある事も多いので、常に相手の立場に立って考えるようにすると、仕事でのコミュニケーションも円滑になっていくのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する