1. 留学せずTOEIC950点のバイリンガルに!有名ブロガーが語る、3つの「ビジネス英語」上達術

留学せずTOEIC950点のバイリンガルに!有名ブロガーが語る、3つの「ビジネス英語」上達術

 少子化に伴い日本の市場はこれからさらに狭くなり、企業はどんどん海外に市場を求め進出していくようになるでしょう。これが近い将来ビジネス英語が必要になるという理由です。もちろん英語ができなくても働く場所はあります。しかし、グローバル化のなかで英語ができる人とできない人の差は広がっていきそうです。今回は個人で様々な英語学習方法をブログで紹介し反響を受けている佐々木真さんにビジネス英語の必要性についてお聞きしました。

――佐々木さんは、現在どのようなお仕事をしているんですか?

 現在は、事業会社に所属しており、Web領域の新規事業立ち上げや既存サービスの改善施策を担当しています。また、ブロガーとしても活動しており、EdTechの情報を発信している 『Great Geeks』、英語学習法ブログ 『English Hacker』の2つのブログを運営しています。

――普段のお仕事でも英語を活用しているとお聞きしました

 業務では英語を使う機会はあまりないのですが、海外のニュースサイトから情報を得たり、友人とコミュニケーションを取る上でかなり役立っています。英語の情報が入ってくると日本語になっていない情報もたくさんあるのでアイデアの幅が広がります。また、海外の企業と仕事をする場面もこれから将来的に増えてくると思いますので、それに備えて英語が話せるようになっておくことは非常に重要だと考えています。また、上司からもたまに英語を教えてほしいと言われるので人の役にも立っているようです(笑)

――英語を話せるとやっぱり楽しい?

 楽しいです。日本語と英語を話している時はけっこう性格が変わるので、英語を話していると普段よりも大胆なキャラになれます(笑)たとえば、日本語だと言葉を選んで会話をして、表現もオブラートに包むことが多いと思いますが、英語の場合は日本語よりもダイレクトに伝えられるので仲良くなりやすいですし、違った自分の一面も見つけられることが楽しいです。

――それでもビジネス英語には苦手意識があると伺いましたが?

 もともと大学で英語を勉強していてある程度の英語を話すスキルはあったのですが、周りの友人が海外の高校出身であったり、帰国子女が多かったので英語ができないことでコミュニケーションがとれない悔しさがあったりして、自分もできるようになりたいと思ったことが勉強を始めたきっかけです。昔よりはかなり上達しましたが、私の英語レベルだと日常会話は問題ないのですがビジネス英語になるとまだまだ未熟でして…。同じ英語でも日常会話とビジネス会話はまったく別物ですし、まだまだ勉強をしなければいけないという危機感は持っています。

――具体的にはどのような学習方法を?

 オンラインレッスンを利用しています。仕事をしているとやはり教室に通う時間があまり確保できないので、好きな時間に自宅で受講できるのはいいですね。私が使っている Bizmatesは学ぶ目的が分かりやすくカリキュラムにされているので、1つ1つこなしていくことで成長も実感しやすいです。無料体験でいくつかのオンライン英会話を体験してみてBizmatesが優れていると思ったところは3点あって、①ビジネス英語に特化しているので、ビジネスシーンで使う英語を体系的に学べる。②レッスンのカリキュラムが充実していて勉強がしやすい。③先生の全てがビジネス経験を持ち、レッスンのクオリティもかなり高かったことが挙げられます。

 また、オンライン英会話でアウトプットをするだけではなく、普段は英語の記事を読んだり映画を見たりしてとにかくインプットをたくさんすることを心がけています。それをレッスンで先生に向けてアウトプットして自分のスキルを上げていっています。

【佐々木さんが明かすビジネス英語上達のコツ】
1. とにかく続けること。
 英語は短期間では身に付きません。忙しい時でも時間を見つけて止まらないことが大切だと思います。予めスケジュール帳にレッスンを受ける時間を書いてしまうなどして、時間を確保する工夫をしてください。

2. 英語を楽しもう。
 映画が字幕無しでも観れるようになりたい、ネイティブの友達を作りたいなど、自分なりの目標を設定して、それに向かって楽しむ気持ちでレッスンを受けてみてください。

3. インプットも忘れずに。
 なんとなくレッスンしていても成長はなかなか望めないと思いますので、カリキュラムを確認し、レッスン前に「今回はこの表現を使ってみる!」などとあらかじめインプットをしておき、それを使ってみるなどしてインプットも忘れないようにしてください。

――英語は途中で挫折する人も多いと思いますが

 大事なのは完璧主義にならず、失敗を気にしないことです。文法通りに話そうとか、発音を上手くしようと気にし過ぎないほうがいいかもしれません。失敗してもいいからコミュニケーションとして伝えることを目指していれば自然と身に付いていくと思っています。英語をわかるようになってくると映画を字幕無しで見れたり、英語独特の表現が理解できたり、自然とのめりこんでいきました。あとは異文化に触れることで確実に価値観の幅も広がり、人間として成長もできます。

――英語は将来やはり必要ですか?

 あるニュースサイトの記事で、英語を武器に転職して年収が増えたとかもけっこう聞きますし、それに将来もしも海外転勤の話が来た時に、英語ができないという理由で断念するのは嫌なんですよ。今はまだ英語ができることがプラスアルファくらいの認識かもしれませんが、これからは英語ができないことが機会損失になってくるんじゃないかと思っています。働ける幅を狭めないためにも、英語というツールは出来る限りマスターしておきたいですね。

――私も学んだほうがいいですかね?

 ぜひやってください!英語って実はそんなに難しくないんですよ。日本にいると緊急に英語を使う必要性がないから続かないだけで。でも話せると確実に評価が上がるし、周りも必要としてくれます。なるべく若いうちから始めるといいんじゃないでしょうか。


 いかがでしたか?ビジネス英語について現実の理解度が深まれば幸いです。ちなみに佐々木さんが利用しているレッスンが、高品質なオンラインビジネス英会話でおなじみの 「Bizmates」。無料レッスンもあるのでぜひ体験してみてはいかがでしょうか?忙しい社会人のために出勤前の早朝でも、残業後の深夜でも受講することができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する