1. 【周りの力を活用する】「同時進行」の仕事を上手く管理する3つの方法

【周りの力を活用する】「同時進行」の仕事を上手く管理する3つの方法

by blinkingidiot
 「同時進行」の仕事を上手く管理するためには、どのように仕事をしていけば良いのでしょうか。「同時進行」の仕事をこなしていると、つい慌ただしくなってしまい、どちらの仕事もクオリティが低いまま提出しなければならなかったという人も少なくないと思います。そこで今回は、「同時進行」の仕事を上手く管理する方法を紹介しましょう。

1. 時間ごとに仕事を分けて行う

 1日を通して終わらせる仕事で、1人で取り組める仕事であれば、午前中に1つ目の仕事を終わらせ、午後に2つ目の仕事を終わらせるように進めていくと良いでしょう。

 午前中に終わらせるべき仕事があるのなら、午前中に終わらせるという目標があるので集中力が増し、積極的に仕事に取り組むことができます。また昼に一旦、休憩をとるため、午後も気持ちを新たに仕事に臨めるため、きちんと仕事を終わらせることができるでしょう。

2. 2つのグループに分けて仕事を管理して行う

 時間に制限があり、1人で仕事を終わらせるのが難しい場合は、複数で仕事に取り組む必要があります。その場合は、2つのグループに分けて仕事に取り組み、管理するようにしましょう。

 その際、仕事の前に的確な指示を出す必要があるため、マニュアルを作成し、それに沿って仕事を行わせるのも良いでしょう。仕事内容をしっかりと把握し、1人1人に担当を決めます。分業して行い、するべき仕事を確認し、チェックを行います。

3. 1つ目の仕事を自分で行い、2つ目の仕事を人に任せる

 午前中に終わらせるべき仕事が2つある場合には、1つは自分で仕事に取り組み、2つ目は、人に任せて仕事を管理すると良いでしょう。時間や人数に制限がある場合には、自分で仕事に取り組まなければなりません。

 また、2つ目の仕事に関しては、的確な指示を行い、マニュアルなどを用い、人に仕事任せます。「同時進行」の仕事に取り組む場合には、人に任さざるを得ないことが出てくるので、その場合は、的確な指示を行い、マニュアルを用いて書類を作成し、個人の仕事内容をチェックしましょう。また、ミーティングを行い、仕事を効率よく行えるように話し合うのも良い方法です。
 

 以上、同時進行の仕事を上手く管理する方法を紹介してきました。自分一人の力だけでなく、周りの力を活用するのも効果的です。きちんと納期に間に合うように、工夫して働くようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する