1. マーケティング戦略を立てる上で知っておきたい環境分析手法

マーケティング戦略を立てる上で知っておきたい環境分析手法

by archer10 (Dennis)
 マーケティングには様々な分析方法が存在しますが、その分析方法の代表的な例として環境分析手法(SWOT分析)という分析方法があります。この分析方法を知らないと、マーケティング関連の話では恥をかいてしまうだけでなく、マーケティング自体ができないと思われてしまうかもしれません。そこで、今回はマーケティング戦略を立てる上で知っておきたい環境分析手法について書いていきたいと思います。

環境分析手法とは

 環境分析手法(SWOT分析)とは、自社の「機会(事業機会)」「脅威(事業脅威)」「強み」「弱み」を分析することで、成長戦略を創出するマーケティングの方法です。会社の環境や経済環境は常に流動的であり、その状況を読み解かなければ経営判断を適切に行えず、会社の経営が滞ってしまいます。出来る限り簡単に内部的な要因と外部的な要因を分析をして、結果をマーケティングに生かすようにする方法として生まれたのが環境分析方法なのです。この手法はマーケティングだけでなく、営業などにも使用されており、幅広く活用できます。

環境分析手法の具体的運用方法

 まず、環境分析手法を使う場合、第一段階としてマーケティングによって得たマクロな情報とミクロな情報が自社にどのような影響を与えるのかということを調査します。そして、情報を調査・分析した結果、自社に影響を与えるものについて、「機会」「脅威」の特定が行われるのです。

 その次に、ミクロ環境(業界環境)の成功要因を特定し、自社の内部的環境(マーケティング環境、財務環境、製造環境、組織)と照らし合わせることにより、自社の「強み」と「弱み」が何であるのかを特定します。このようにして、4つの要素が特定できたらこれらの情報をクロス分析して、自社がこれから行うべき事業について進出、克服、撤退などを選択していきます。


 これからマーケティングについて勉強したり実践する人は是非押さえておいてほしい分析方法です。最適な戦略を選べるようにするため、しっかりと学んでおきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する