1. 優れた「企画書」を簡単に作成するために知っておきたい3つのポイント

優れた「企画書」を簡単に作成するために知っておきたい3つのポイント

by Chrismatos ♥Too busy, sorry
 企画書というと作成が大変というイメージを持たれがちですが、コツさえ覚えてしまえば難しいものではありません。企画書作りは、必要なポイントさえ押さえておけば、誰でも立派な企画書を簡単に作成することができるでしょう。ポイントを押さえて作成された企画書は、変にこった企画書よりも読みやすく内容を理解しやすい形で仕上がります。コツを覚えて、より良い企画書づくりを目指しましょう。今回は、 企画書」を簡単に作成するために知っておきたいコツを紹介します。

1. 過去の調査

 企画書には過去に起こった事実を記載しましょう。過去を振り返ることで蓄積された経験や具体的にあげられた成果を示すことが可能になり、企画書により強い説得力を与えることができます。

 過去の経験を活かした企画であれば、企画書を検討する側もより具体的なイメージを持って企画に接することができるようになり、企画に現実味と実現可能性を与える効果があります。過去の事例を調査すれば、どのようなことでトラブルが起こったのというケーススタディとして活用できるため、同じような失敗を繰り返さないための対策を企画書に盛り込むことも出来るでしょう。

2. 現在の分析

 今現在どのような状況になっているのか、それを調査することで顧客のニーズや市場の流行を知ることができます。現在を分析することで得られる多様なデータは、企画の内容をより顧客の欲求にこたえる形で構成することを実現します。分析とは単なる情報収集ではなく、顧客が潜在的に持っているニーズをすくい上げる行為に他なりません。ニーズに的確に答える企画を提案できれば、企画書の持つ説得力はより強いものになるのです。

 現状分析が的確にできていれば、企画書は論理的に構成された理想的な状態に仕上がります。現状の分析結果は、提案した企画に確実な根拠と裏付けを与えることにもなるでしょう。企画が単なる願望ではなく実現可能性を備えた有意義な企画であることを示すためにも、分析結果をもとに具体的な実現方法を作成しておくことが重要です。

3. 未来の予想

 企画書で提案される企画とは、行動を通じて未来に変化を起こすことを目的としています。売り上げの増加、顧客の獲得、知名度の上昇、市場の開拓、知識の向上等、内容は様々なものがありますが、予想される未来は、全て企画がもたらした未来の変革の結果であることに変わりありません。

 未来を予想するということは、企画に参加することで得られる利益やメリットの提示に言い換えられます。具体的な成果を示すことで企画に参加する動機付けが確立し、賛同者の数が増加する結果に繋がっていくでしょう。


 企画書で重要なポイントは、読む人に企画の意図や意義を正しく理解してもらうことです。内容を誤解されたり歪んで伝わってしまうようでは、企画書として成立しているとは言えません。シンプルでも確実に伝わる企画書を作成することは難しいことではなく、丁寧に作業すれば誰にでも簡単に実行可能です。必要なポイントを学び、企画書の作成に役立ててください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する