1. これさえあれば大丈夫!経営者がマーケティングを行うときに役立つ資格

これさえあれば大丈夫!経営者がマーケティングを行うときに役立つ資格


 企業によっては経営者自らが遂行する業務が多くあることでしょう。その際に、特に重要となるのが、マーケティング業務です。自社商品やサービスを顧客から買ってもらう仕組みをつくることは、経営者にとって必須です。 ここでは経営者がそのマーケティングを行う際に持っていると役立つといえる資格を紹介して行きます。

 中小企業診断士

  中小企業診断士の試験内容は経営・マーケティング全般に関するものです。事例問題で流通・マーケティングに関する助言なども含まれています。経営者として日々自社の物やサービスを通じた営業活動に取り組む中で、顧客にどういった価値を創造して、それをどういった方法で他者へ提供して、交換させていく仕組みやサイクルをつくっていくかは常に考えるところでしょう。この思考こそが、永続的な企業活動に繋がり、新たな事業を創造するタネにもなるのです。経営は実践と言われることが多いですが、初めて経営に携わる人間で、こうした観点を実践レベルで学ぶことは、なかなか機会がないのも実状です。

 そこで、中小企業診断士の資格取得を通じて、様々なケーススタディに触れることや思考することで自己の能力を伸ばしましょう。今後経営者として経営に参画する予定や志向する人は、この資格獲得を目指してみましょう。

 MBA

  MBAとは経営学修士のことを指し、経営学を修めたものに対して授与されることのある学位のことです。MBAはビジネススクールや各大学等で、学士を保有して就業経験のあるビジネスマンを主な対象として夜間授業や週末講座を開講しています。MBAは、経営学修士なので一般的な資格とは少し特性は異なるものの、企業に属しながら取得したり留学して取得することも多い為、資格的位置付けとして語られることも多くあります。

 このMBAのマーケティングの授業では、マーケティング戦略の構築・実施・コントロールに関する考え方を学んでいきます。経営に携わる人間にとって、市場を分析して自社のポジショニングを決め、どのような商品やサービスを企画しプロモーションを行い、どのように流通させていくべきかを考えることは大切な課題です。MBAでは、こういった事例をケーススタディとして学べる為、大変貴重な機会となります。 


  経営を始めようと思っている方や、経営者の方は時間を作って上記の資格を取得することをオススメします。そして、資格取得の際には常に実践を想定して取り組むことが大事だということも覚えておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する