1. 組織で仕事をする人必読!価値観の違いを受け入れる方法

組織で仕事をする人必読!価値観の違いを受け入れる方法

by BONGURI
 会社や組織で仕事をする際、様々な人に出会う機会が多くあります。学生であれば合わない人と少し距離を置いたりもできましたが、組織に所属すると価値観が合わない人とも付き合わなくてはいけません。ここでは、組織で仕事をする上で知っておきたい「価値観の違い」を受け入れる方法について見ていきましょう。

人によって考え方や価値観が違うことを知る

 仕事をしていると「なぜここでそう考えるのだろう」「こうした方が絶対に良いのに」等、相手との不一致に疑問を感じたり、時にはいらだつこともあるでしょう。その時に、「自分の行動・発想が絶対に正しいはずだ」と思っていては何も解決しません。

 人を自分の価値観に当てはめようと躍起になるのではなく、「こんな考え方があるのか」「人は人自分は自分、自分の考えがいつも正解で全てではない」と考えてみましょう。そうすることで新たな発想に気がつくことができ、自己の成長につながります。

協調性を身に着ける

 価値観が違っても一緒に仕事を出来るような協調性を身につけましょう。価値観が異なるから相容れないと関係を切ってしまっては、良い仕事はできません。相手と自分が違っていることを知ったら、協調性をもって仕事に励みましょう。組織で仕事を行う上でどんな人にもどんな状況にも合わせることができるという能力は財産です。そんな環境にも臨機応変な姿勢を身につけて行きましょう。


 上記のコツを意識して価値観の違いを受け止入れることによってチームワークを発揮して、良い組織を作りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する