1. One Directionは何故人気が出たのか?ヒットから学ぶソーシャルメディアマーケティング

One Directionは何故人気が出たのか?ヒットから学ぶソーシャルメディアマーケティング

by mayeesherr. (in West Bengal!)
 皆さんはこのOne Directionという5人組の歌手グループをご存知でしょうか。ここ最近、急激に注目度を浴び、日本なども含めて世界中で人気が出てきているグループです。では、このグループはなぜこのような注目度を集められたのでしょうか。今回は、その点を詳しく解説していこうと思います。

One Directionの成り立ちとユニットの魅力

 もともとは、今のメンバーにいる5人バラバラで活動していて、ある時同じオーディション番組に出ていて、全員落選しました。その時のオーディションの審査員であったプロデューサーのサイモン・コーウェル氏が5人をグループとして組ませれば「売れる!」と確信したことがきっかけになったのです。

 人気が出た理由としては、従来のボーイズグループの定型を踏襲していないところであり、メンバーのファッションがバラバラ、ダンスもなく全員がリードボーカルを担当し、自分たちのキャラクターをそのまま個性として売り出している点にあります。

プロモーションの展開

 ユニットを組んだ後にまず行ったことは、YouTubeなどのあらゆるツールを駆使したプロモーション活動です。SNSなどの利用によって、彼らの情報は爆発的なスピードで広がっていき、Twitterでは直接ファンに対してダイレクトマーケティングを行うなどインターネットの情報拡散能力を駆使して、様々な形で多くの人たちに情報共有をしていったのです。

 また、PRのためのプロモーションではなく、ファンを育成する目的としてイベントを開催したことも重要で、それによって本人が不在にもかかわらず地方公演が開かれるということもあったそうです。その結果、アメリカでデビューする前にYouTubeの再生数が4億を突破するなど一気に人気が高まりました。

 One Directionについてソーシャルメディアマーケティングは、インターネットの情報拡散性やツールを最大限利用した方法によって情報を拡散した結果、世界中で一気に人気を出すことに成功したのです。特に音楽業界は変化が目まぐるしく、自分好みの音楽見つける方法としてソーシャルメディアを利用しているユーザーは多いようです。

 そういった時代の流れを汲み取りながら、良質なコンテンツをなるべく多く配信していくことがソーシャルメディアマーケティングの基本となるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する