1. あなたは大丈夫?コミュニケーション能力が低い人が仕事で意識しておくべきこと

あなたは大丈夫?コミュニケーション能力が低い人が仕事で意識しておくべきこと


 仕事をする際にどうしても必要になってくるのが、コミュニケーション能力です。職場ではもちろんのこと社外の取引先やお客さんと良好な関係を築く為にはコミュニケーションが必要です。しかし、ビジネスマンの中にはコミュニケーション能力が低くて悩んでいる方も少なからずいるでしょう。ここでは、そんなコミュニケーション能力の低い人が仕事を行う際に意識するべきことについて述べていきます。

自分の状況を分析しよう

 コミュニケーション能力が低いと一言で言っても、人によって様々な状況があります。特に年上の上司と話が上手く出来なかったり、初めて会った人とのコミュニケーションが苦手である等です。では、あなたはどのような状況なのでしょうか。自分を分析してみる必要があります。

 コミュニケーション能力というのは、客観化できるものではありません。もし自分で能力の低さを感じているのなら、感じた原因が必ずどこかにあるはずです。その原因を頭の中で整理してみましょう。

自分の味方を増やそう

 自分のコミュニケーション能力の状況を把握できたのなら、次は能力の低さをまわりに理解させつつ、自分の味方になってもらいましょう。意思がうまく伝えられないという状況では、自分自身の伝達能力の低さだけでなく相手の受信能力の低さに起因することがしばしばあります。そんな時に、相手に「こいつの意思をなんとかくみ取ってやりたい」とか、せめて「こいつは悪い奴じゃないから話はちゃんと聞こう」と思ってもらうことが大切です。

状況を改善しよう

 状況を把握し周りにも理解してもらったら、次は自分で努力をしコミュニケーション能力を上げましょう。いつまでもコミュニケーション能力が低いからといっていては、仕事では通用しません。周りの人々も、日々成長し自分の状況を改善しようとするあなたを目にすれば、それに協力してくれるでしょう。そこで以前よりもコミュニケーションが生まれ、自然とコミュニケーション能力が上がってきます。是非、試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する