1. 仕事を効率化する方法はタスク管理にあった!たまるタスクは緊急度と重要度で解消

仕事を効率化する方法はタスク管理にあった!たまるタスクは緊急度と重要度で解消

 仕事の効率化を実現するために必要なことのひとつに、 タスク管理があります。いかにそのタスクを効率良く行うかによって仕事効率も大きく変わってきます。では、タスク管理のテクニックにはどのようなものがあるのでしょうか。

緊急度と重要度に分ける

 タスクと一口に言っても、その内容は様々です。それらを一緒にしてしまっては、どれを先にこなせばよいのか、順番がわかりませんし、優先度がわかりません。そしてタスク同士関連しているものもあります。つまり、あるタスクを先にこなしておかなげれば取り掛かることができないタスクがあるということです。それを事前に分類してタスクの一覧にしておきましょう。まずは自分の仕事をジャンル分けして、とにかくすぐに取り掛かる必要のあるもの、重要度の高いもの、などをきっちり共有しておけば管理はかなりやりやすくなるでしょう。

後工程があるものは先にこなしておく

 仕事というものは、自分ひとりで完結するものではありません。チーム全体のことを考えることも大切です。自分のところで止まっている業務があるために、その後がつかえるような事がないようにしましょう。そのような、後工程があるようなものはタスクでわかるようにしておいて、先にこなしておく必要があります。

 仕事には、流れがあります。いくつかの工程を経ていくものなので、前工程をいかに早くこなしておくかが、効率化につながるというわけです。そこでタスクの管理に必要なことは、先の事を考慮したものということになります。その流れには無い緊急の仕事は、極力あとに回すというテクニックが必要になるのです。


 以上が、タスク管理を行う上でまず試しておいてほしいことです。タスク管理が効率的ではないと困っている人は是非参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する