1. 会社に休みの連絡を入れるときの注意点!プライベートで休みを取るときはどうすればいい?

会社に休みの連絡を入れるときの注意点!プライベートで休みを取るときはどうすればいい?

by Kabacchi
 会社を休みたい理由は多数あります。休む理由が言いやすいことと言いにくいことの2パターンに分けて連絡方法を紹介します。

体調不良などの不可効力の場合

 この場合は正直に伝えるべきでしょう。その際の注意点は、必ず始業前に連絡することです。そして、次に出社した場合は必ず上司や同僚に迷惑を掛けたことについて謝りましょう。また、いくら病欠だといっても短期間で何度も休むと信頼を損ねるので気を付けてください。

プライベートな理由の場合

 この場合は予定が入ることが分かった時点で上司、同僚に伝えておくことが大事です。遅くても一週間前には報告しておきましょう。そのうえでなるべくやるべきことを片付けておき、仕事の引継ぎを済ましておけばそこまで迷惑をかけることにはならないはずです。

 肝心な理由については会社の風土によって正直に言える場合や少々濁した言い方をしたほうがいい場合もあるでしょう。正直に言える場合はいいですが、言いにくい場合は週末であれば友人の結婚式などの当たり障りない内容がいいと思います。あまり考えすぎた理由にしないほうが無難です。突拍子も無い理由だと後で自分の首を絞めることになりかねません。


 以上、プライベートでない場合とプライベートな場合について気を付けるべき点を紹介しました。また、連絡はなるべく口頭、もしくは電話で連絡するようにしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する