1. 仕事の納期に焦りを感じて「うつ病」にならないために心がけておくべき3つのコト

仕事の納期に焦りを感じて「うつ病」にならないために心がけておくべき3つのコト

仕事の納期に焦りを感じて「うつ病」にならないために心がけておくべき3つのコト 1番目の画像
by martinak15

 仕事の納期が差し迫ってきているのに、仕事が終わる目途が立っていないと誰でも焦りを感じてしまうでしょう。

 その納期が迫っている焦りやストレスから自分を追い込んでしまい、うつ病になってしまってからでは遅いです。

 うつ病になる一番の原因はストレスだと言われています。ここでは、うつ病にならない為に、心がけておくと良いことを紹介します。

納期の焦りからくる「うつ病」を防ぐ方法①

1. うつ病になりうる因子を取り除く

 うつ病にならないようにするためには、ストレスを溜めない事が一番です。

 仕事の納期に焦りを感じてストレスを感じているのならば、早く仕事を片付けるに越した事はありません。

 また、仕事の完了の目途をつける事も大切。納期が迫っているからと、ただ単に焦ってしまっては、うまく行く事もいきません。

 ですから仕事が早く済むように、うまく段取りを行いましょう。焦って自分を追い込まないようにする事が一番大切。

 また、十分な睡眠を取る事も、うつ病を防ぐのに大切な事です。

 納期が迫って焦っているからといって、無理な残業はあまりオススメ出来ません。一人で抱え込まずに、職場の上司などに相談し、どう考えても納期に間に合わないときは、同僚の手を借りるのも一つの方法でしょう。

納期の焦りからくる「うつ病」を防ぐ方法②

2. 真面目に考え過ぎない

 うつ病になりやすいタイプの人は、完璧主義で生真面目なタイプに多いと言われています。

 仕事の納期が迫って焦りを感じていても、「一人でやらなくては」とか「隅から隅まで完璧にこなさないといけない」という考え方は止めましょう。

 そういう風に考えてしまう方は、ストレスを溜めてしまいがち。

 ストレスはうつ病にとって大敵ですので、不真面目なのはいけませんが、真面目過ぎるのも考えものでしょう。

納期の焦りからくる「うつ病」を防ぐ方法③

3. ストレスをうまく発散させる

 仕事の納期に焦りを感じるとストレスが溜まります。

 その溜まったストレスを、うまく発散させましょう。例えば、仕事の帰りにジムやジョギングをして身体を動かし、汗を流すのです。適度な運動はストレス発散に良い効果をもたらします。

 また、運動をすると、身体の老廃物が汗と共に流れ出て、身体がスッキリとした感じになります。

 運動が苦手という人は、帰ってからお風呂にゆったり浸かる、好きな映画やテレビ番組を見るなど自分なりの方法で、仕事で溜まったストレスを発散させましょう。


 仕事の納期に焦りを感じてしまうことは、誰にでもある事。あまり自分を追いつめず、適度な運動と気分転換でストレスを発散させる事が重要です。

 生真面目な人ほどうつ病にかかりやすいと言われています。

 楽天的に考えてという訳ではありませんが、少しだけ考え方の方向を変えてみると、新しい視点で物事が見え、ストレスの溜まり方も違ってくるかもしれません。



うつ病になる前に“転職”を考えてみる

仕事の納期に焦りを感じて「うつ病」にならないために心がけておくべき3つのコト 2番目の画像

ストレスを放置していると“手遅れ”になることも……

 納期への焦りがストレスとなり、「今にもうつ病になってしまいそう……」という人は、思考が働くうちに“転職”を考えてみることをオススメしたい。

 うつ病になってからでは、色々なことが“手遅れ”になってしまう恐れがある。

 転職活動を行うエネルギーが残っていない、転職をすることへの自信を喪失してしまう、長期間の休職によってキャリアに傷がつく……など、ストレスを放置することは、人生・キャリアにおいて非常にリスキーなことなのだ。

 ストレスが限界値を突破する前に、まずは転職エージェントに自分のキャリアについて相談してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する