1. 企画を立案する時に活用したいロジカルシンキングの思考法

企画を立案する時に活用したいロジカルシンキングの思考法

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 企業などで企画を立案する場合、マーケティングの手法を用いて立案する事も含め色々な方法が考えられていますが、今、ロジカルシンキングを企画立案に活用するという手法も注目を集めています。ここでは、企画を立案する時に活用したいロジカルシンキングの思考法を紹介していきたいと思います。

仮説思考

 仮説と立てて物事を考えていくのが、ロジカルシンキングにおける仮説思考です。仮説思考で企画立案する時には、とにかく、仮説を立てたら早く実証していく事を考えましょう。課題を解決するために仮説を立てる場合、課題解決が直接企画につながっていく場合も多くあります。仮説を立てる場合はその仮説が本当に正しいのか考えながら企画の立案を進めていきましょう。

ゼロベース思考

 今までの既成概念を一切取り払って、全くのゼロから考え出す手法がゼロベース思考です。新しいものを生み出していく企画にはうってつけの思考法と言えるでしょう。私たちは、往々にして色々な「イメージ」に支配されています。このようなイメージにとらわれないためにも、一度、原点に立ち返って、前提から疑ってみると、良い企画が生まれるかもしれません。


 ここでは、企画を立案するときに活用したいロジカルシンキングの思考法を紹介しました。企画を考えるときにもロジカルシンキングの手法は有効といえるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する