1. 会社全体で取り組みたい!仕事を効率化して作業時間を短縮する方法

会社全体で取り組みたい!仕事を効率化して作業時間を短縮する方法

by PhoTones_TAKUMA
 仕事の効率化を図るための方法として、担当する仕事の一つ一つの作業時間を短縮させるという方法があります。作業時間を省略することができれば、他の仕事に時間を使えるようになったり、他の人の仕事を手伝うことが可能になります。そうすることで、会社やチーム全体のパフォーマンスが向上します。では、どのようにしたら効率を上げて時間を短縮することができるのかをここで紹介して行きます。

人の手に頼らず極力ITツールを使う

 人が実際に手を動かして作業することは柔軟な対応ができる半面、作業時間分の高い人件費を消費するだけでなく、ミスも起こりやすくなります。そこで、極力人手がかかる工程を少なくし、ITツールで代用できる作業はITツールに任せてしまいましょう。人件費よりも安いコストで実践できることに加えて、ミスも減らすことができます。あなたの担当する仕事の中でITツールを使えるプロセスがあれば、ぜひ一度試してみましょう。

作業時間が多くかかる社内作業は外注する

 社業時間が長くかつ作業を行う社員の人件費が高い場合は、思い切って作業全体を外注してしまうという方法があります。

 例えば、データ入力・WEBサイト制作をクラウドワーキングサイトを通じて在宅ワーカーに依頼すれば、自社内の業務時間を削減できます。最近は人件費の安い海外の工場に作業を委託するケースも多く見られます。

 全ての仕事を自社内で抱え込むのではなく、外注先をうまく活用し、効率化を図りましょう。

仕事自体をなくしてしまう

 長年慣例的に行っている仕事は、本当に必要な仕事なのか、今一度考え直してみましょう。そして、必要性が感じられない仕事は、思い切って止めてしまいます。仕事を止めてみて影響が出た場合、また再開すれば良いでしょう。

 実は不必要な仕事を、なんとなくやってしまっていることも多いものです。あなたの担当する仕事の中で、不必要だと思うものがあれば、一度上司や同僚に相談し、不要であれば思い切って仕事自体をやめてしまいましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する