1. 【生産性が2倍になる】仕事の「優先順位のつけ方」として知っておきたい3つの手法

【生産性が2倍になる】仕事の「優先順位のつけ方」として知っておきたい3つの手法

by simon.carr
 仕事と上手に向き合うために重要なのが、優先順位をつけることです。優先順位のつけ方にはいくつかの種類があり、それぞれのつけ方によって得られるメリットは異なります。優先順位のつけ方にはどのようなものがあり、どのような特徴を持っているのでしょうか。今回は、おすすめの仕事の優先順位のつけ方と取得することでのメリットを紹介します。

1. 期限を基準に優先順位をつける

 どのような仕事でも、この時点までに仕事を完成させなければいけない、という期限が存在します。期限を基準に仕事に優先順位をつけることで、期限までに確実に仕事を処理する枠組み作りが実現するのです。

 期限を厳守して仕事をこなすのは、一人の人間として基本的な態度であり、ビジネス上の信頼を確保するための最も重要な姿勢です。どんなに質の高い仕事をしても、期限を守らないようでは信頼を得ることができず、仕事を依頼してくる人も減ってしまうでしょう。

 期限を基準に仕事の優先順位をつけるつけ方は、信頼を確保する事を第一目的にする場合に最適の方法です。場合によっては、期限を基準に優先順位を付けたせいで利益が減ってしまう可能性もありますが、信頼がビジネスの基本であると考えれば、長期的な利益に結び付くことは間違いありません。

2. 利益を基準に優先順位をつける

 仕事を完成させたことで得られる利益を基準に優先度をつける方法です。この方法は仕事ごとに発生する利益が異なる場合に有効な方法であり、どの仕事でも同じ利益が得られる時には用いることができません。利益を基準に優先順位をつけるメリットは、発生する利益を最大化することが可能な点にあります。

 100万円の報酬の仕事と10万円の報酬の仕事では、得られる利益に10倍の差があります。100万円の報酬の仕事を優先することで、10万円の報酬の仕事ができなくなったとしても、得られる利益は大きくなるため優先順位は100万円の報酬の仕事の方が上、ということになります。

 ただし、利益が低い仕事だからといって重要度が低いとは限りません。今は利益が低くても長期的な視点で見れば大きな利益につながることはありますし、社会的意義や信頼性の獲得につながる仕事かもしれません。

 利益の低い仕事を切り捨てることによって信頼を失ってしまい、大きな損失のきっかけになることも考えられます。目先の利益にばかりとらわれず、広い視点で最終手金利益を考えるのが重要なポイントと言えるでしょう。

3. 難易度を基準に優先順位をつける

 仕事と一口に言っても難易度はそれぞれ異なります。簡単な仕事と難しい仕事が混在している場合、難易度を基準にして優先順位をつけるのも、仕事を上手にこなしていくためのつけ方の一つです。

 簡単な仕事と難しい仕事のどちらを優先すべきかはケースによって異なります。簡単な仕事を先に処理して仕事に慣れる方法もありますし、難しい仕事を優先してじっくりと向き合うのも一つの選択です。ケースに応じて最適の選択は異なるでしょう。


 大きな枠組みを作って仕事をするのは、仕事の効率化に欠かせない作業です。優先順位のつけ方を知ることで効率化が実現し、より質の高い仕事を手がけられるようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する