1. マーケティングの基礎!最低限覚えておきたい企画の用語

マーケティングの基礎!最低限覚えておきたい企画の用語

by 246-You
 新しい商品を世に送り出すための戦略を考えるのが企画の仕事です。しかし、企画、マーケティングでは他の部署ではあまり目にしない言葉を使うこともあります。企画をする時に最低限押さえておく必要がある用語を紹介します。

差別化

 全ての企業や商品は差別化をしなければ生き残れません。どんなものでも、他にはない魅力がなければ消費者に注目してもらえないのです。そこで必要なのが差別化です。他社と同じ商品でも、自社だけの特徴を考え「差別化」を図るのです。

付加価値

 差別化をする場合、他社製品にはない特別な価値、「付加価値」は何かを考えます。例えば掃除機には音が静か、排気が綺麗、軽い、使い勝手が良い、収納に便利など様々な要素が関わってきます。ただ掃除をするだけではなく、なんらかの強みを持たせることで商品の差別化を図るのです。

レビット教授

 「レビット教授の商品企画の発想法」と言った方が良いでしょう。その意味は、商品を買いたいと思う人は、その商品が買いたい訳ではなく、その商品を使用した時に得られる効果を買う、というものです。

 例えば、先ほど述べた掃除機を買う目的は、ゴミやホコリを片づけて綺麗にしたいからです。消費者はこの綺麗にしたいという目的を達成するために掃除機を買おうと考えるのえす。この発想を商品開発の発想の原点にすると、消費者目線で商品を考えることができます。

品質レベル

 大きく分けて、品質のレベルには二つあります。一つは基本性能の事である「第一次品質」。もう一つはデザイン性である「第二次品質」です。今や第一次品質だけでは勝負が出来ないと言われています。性能自体には多少の差しかないのであれば、デザインが購入の決め手になることも少なくないのです。


 いかがでしょうか。これらが企画、マーケティングを考えるうえで最低限覚えておかなければならない言葉です。徐々に知識を増やして上手くターゲットに届く商品の企画を考えてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する