1. ビジネスシーンで「ロジカルシンキング」を行うことの重要性と期待されるメリット

ビジネスシーンで「ロジカルシンキング」を行うことの重要性と期待されるメリット

by Frederic Mancosu
 ビジネスにおける重要な思考法の一つに「ロジカルシンキング」があります。ロジカルシンキングはビジネスにおいて重要なキーワードであり、ロジカルシンキングをビジネスに導入することで様々なメリットが生まれます。今回は、ビジネスシーンでロジカルシンキングを行うことの重要性を紹介します。

思考プロセスの言語化

 ビジネスで重要になるのが「自分の考えを相手に正しく伝える事」です。企画や提案など、様々なシーンで自らの考えを外部に発信する機会がありますが、自分の考えを正しく言語がして外部に発信することができなければ、誤解や認識のズレが生じてしまい、正確に理解してもらうことは不可能です。

 ロジカルシンキングを行って考えを論理的に整理し、正しく言語化することに成功すれば自らの考えを正しく相手に理解してもらうことが可能になります。ロジカルシンキングをビジネスに導入することで、論理的な構成に考えを整理することが可能になり、周囲の理解を得られるというメリットが発生するのです。

因果関係への理解

 ロジカルシンキングとは、物事を互いの関係性を利用して論理的に分解する思考作業です。どのような原因があって、どんな結果が得られるのか、すべての物事を因果関係という形に分解し、相互にどのような影響を及ぼしているかを説明することができます。

 ロジカルシンキングを使うことで、ビジネスプロセスにおける因果関係が理解しやすくなりますから、何が重要で何が不要なのかといった取捨選択をするときに重要な項目を正しく選ぶことが可能です。

 また、観測されている結果からおおもとの原因にさかのぼることが可能になります。ビジネスにおける「改善」に大きく役立つ思考法であり、失敗から改善点を導き出すことで業務効率が改善していくでしょう。

推定による未来予想

 ロジカルシンキングを利用すれば、まだ起こっていない事実についても合理的根拠に基づいた推定を行うことが可能になります。観測できる事実を調査し、類型的なところを抜き出したり関連する項目を調べていくことで、合理的根拠を持った信頼性のある推定が浮かび上がっていくのです。

 未来予測は、企業の活動方針を決めるためには特に重要性の高い項目であり、企業利益に大きな影響を与えます。ロジカルシンキングを用いることでより正確で信頼度の高い予測が実現し、安定した経営に大きく近づくでしょう。


 ロジカルシンキングの重要性は今後ますます盛んになっていくことが予想されます。ロジカルシンキングは第三者からも検証可能な形で論理構成を行う技術であり、多数の人間が関わる企業活動や組織運営では、意思統一に便利な技術です。ロジカルシンキングを用いれば、複数の人間が一つの目標に向かって一丸となって進んでいく体制を築きあげることが可能になるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する