1. これに気をつければマンネリも解消される!?仕事に「マンネリ」を感じてしまう3つの原因

これに気をつければマンネリも解消される!?仕事に「マンネリ」を感じてしまう3つの原因


 仕事が面白くないし、気が乗らないという「マンネリ」を経験したことのあるビジネスマンは多くいるでしょう。しかし、だからといって毎日職場に足を運んで仕事をしなくて良いという訳には行きません。どうせやるなら、嫌々仕事をするよりも楽しんで仕事をしたいですよね。ここでは、「マンネリ」の原因を紹介します。これを読んで、当てはまるものがあったら改善をしてみてください。

毎日決まった仕事内容を行っている

 毎日決まった仕事をただただしているだけでは、「マンネリ」を感じてしまいます。

 この「マンネリ」を抜け出すには、自分から改善していくという姿勢が大切です。自分から積極的に多くの仕事に取り組んでいけるようになることが「マンネリ」を抜け出す近道です。

毎日同じメンバーとの作業や仕事をしている

 工場などで外部との接触がなく、毎日同じメンバーと作業や仕事を行っていると「マンネリ」を感じやすくなります。外部の人との接触がない、新たな出会いがない等、閉塞的な仕事をしていては「マンネリ」を感じてしまいます。さらに、同じメンバーと仕事を行うと会話が1パターンになったり会話が減ったりして、「マンネリ」から抜け出せない環境になってしまいます。

 外部との接触もなく同じメンバーとの作業や仕事をしているなかで「マンネリ」を抜け出すためには、定期的に職場のメンバーの入れ替えを行うことです。それが難しい場合は、職場の人間と様々な会話をしたりプライベートでも関わり、仲良くなることも「マンネリ」解消に良い手段です。

指示待ちの仕事である。

 指示待ちの仕事であると「マンネリ」を感じやすくなります。そのような仕事だと「自分でなくても良いのではないか」「結局自分では何もできないのか」という気持ちが発生してきます。休憩が多い仕事も「マンネリ」につながります。

 そのような状況でマンネリを抜け出すためには、仕事内容に関して自ら働きかけるように変えていく姿勢が必要です。指示を受けてする仕事でも、自分なりに効率の良い方法を見つけたり、改善出来るポイントを見つけて毎日の仕事に変化をつけましょう。

 「マンネリ」が起きてしまう原因に共通するのは、仕事がルーティン化してしまうことです。「マンネリ」を抜け出すためには、仕事に変化がでるように自分からアクションを起こすことが1番良い方法です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する