1. 聞いてもいい?転職の面接での年収の質問の仕方

聞いてもいい?転職の面接での年収の質問の仕方

by Luke,Ma
 転職するときに気になる要素の一つがやはり新しい仕事先の年収です。しかし、面接の時にいきなり「貴社で働くといくらもらえますか」と質問するのは気が引けるでしょう。ここでは転職の面接での年収の質問について考えます。

年収も企業を知るうえで大事な要素

 結論から言えば、面接の際に年収の話を切り出すのはOKです。なぜなら、年収というのも働くうえで大事な要素だからです。

 実際に働く前に、相手の企業のことを知りたいと思うのは当然のことです。年収だけでなく、福利厚生や就業時間などを総合的に評価検証することで企業への理解が深まります。転職で一番大事なのは、お互いがきちんと理解しあうことです。その場で聞きづらくても、後悔するよりはましでしょう。しかし、やはり聞き方には注意が必要です。

話しの流れで上手に聞き出す

 とはいっても、いきなり年収の話を切り出したら仕事への意欲を疑われます。なので、面接官に年収の質問をする前に、仕事の内容や職場環境について十分に話し合うとよいでしょう。それで納得ができそうだったら、最後に給料や福利厚生について触れてください。

 面接官には明るく印象のいいイメージを与えながら、タイミングを間違えることなく、年収の質問をする必要があります。職場環境や福利厚生など、少しずつお金の話につなげてから自然に年収について尋ねてください。


 いかがでしょうか。面接は転職先の企業と話し合える貴重な機会です。後悔がないように、聞きたいことは全部聞いてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する