1. 「ロジカルシンキング」を習得するために実践したい3つの超入門編トレーニング法

「ロジカルシンキング」を習得するために実践したい3つの超入門編トレーニング法

by Eva Rinaldi Celebrity and Live Music Photographer
 物事に対する正しい理解力と論理力による構成を実現する技術が、ロジカルシンキングです。ロジカルシンキングとは思考のための技術であり、訓練すればだれでも習得できる技術。特別な才能などは必要なく、正しい練習をすればどんな場面でも応用できる考える力が身につきます。今回は、ロジカルシンキングの超入門編として知っておきたいトレーニング法を紹介します。

1. ロジックを理解する

 ロジカルシンキングの基礎になるのがロジック。ロジックとは事実をつなぎ合わせることで新たな事実を導き出す思考法であり、ロジックを理解しなければ、ロジカルシンキングを実践することは不可能です。

 ロジックを理解するためには、事実を組み合わせるトレーニングが効果的です。関連する2つの事実をつなぎ合わせ、新たな事実を結論として導き出してみましょう。「花柄が流行している」と「このワンピースは花柄である」という2つの事実を組み合わせれば「このワンピースは流行にあっている」という結論が導き出されます。身近にあるものを改めて考えてみることで、超入門としてのトレーニングを行うことができるでしょう。

2. 問題を意識する

 現状に不満がある場合、何が問題なのかについて考えてみることがロジカルシンキングで重要になる姿勢です。不満から問題点を洗い出し、解決法を提示することによって現状をより良いものにするのが、ロジカルシンキングをビジネスに取り入れる大きなメリットの一つです。

 ロジカルシンキングの超入門トレーニングとして身の回りの不便や不満を探し出し、どのような点が問題なのかを探っていきましょう。問題設定ができなければ論理的な思考ができていないということ。「なぜ」という疑問を意識しながら、観測できる客観的な事実を論理的につないでいけば、正しく本質的な問題を捉えることができるでしょう。

3. 説得力のあるものを分析する

 実生活の中で自分の心が動かされた言葉や演説、意見などは、ロジカルシンキングの超入門トレーニングの最適の教材になりえます。他人の言葉を分析することで、どのような点が優れているのかを学び、ロジカルシンキングに応用することができるのです。

 感動とは感情の動きですが、感情を動かすためには説得力が必要になります。ロジカルシンキングとは言葉に説得力を与えるための技術に他なりません。感動の原因を探ることが、ロジカルシンキングの実践的トレーニングになります。


 ロジカルシンキングは一見複雑そうに見える技術ですが、基礎となるのはとてもシンプルな技術です。超入門としてのトレーニングであっても、学ぶ内容は十分に実践的でしょう。一つ一つの積み重ねが、より高度なロジカルシンキングを可能にします。単純で地味なトレーニングでも、コツコツの積み上げることで必ず実力が身につくので、途中で投げ出したりせずに継続的なトレーニングを続けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する