1. データを集めてより良い施策を!マーケティングに統計の手法を取り入れる時に気をつけたいこと

データを集めてより良い施策を!マーケティングに統計の手法を取り入れる時に気をつけたいこと

by doug.siefken
 現在注目されているのが、統計を利用したマーケティング手法ではないでしょうか。統計を利用し、データを集めることによってマーケティングの効果もより高いものになります。 ここでは、マーケティングに統計の手法を取り入れる時に注意したいことを紹介していきたいと思います。

仮説を立ててから分析を始める

 ある程度の見積がないまま分析を始めてしまうと、効果がない分析をすることに繋がってしまいます。統計では、膨大なデータを取り扱うため、やみくもに分析をするよりかは、ある程度、どのような結果が出るのか推測し、どのような結論を導きたいのか考えて統計の手法を利用するようにしましょう。

分析結果をマーケティングを結びつける

 分析結果をそのままにしておいても意味が有りません。しっかりと施策に結びつけるような意識を持ち、改善策を提案することが重要になります。たとえば、購入する商品の関連性を調べたのであれば、結びつきの強い商品は近くにおいておくなどの施策を提案して実際にマーケティングとして実行に移しましょう。


 ここでは、統計の手法をマーケティングに持ち込むときに気をつけたいことを紹介しました。分析するだけでなく、しっかりと推論や、実行を意識することが大切なことになります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する