1. マーケティングの最低限の知識として知っておきたいチャネルの種類

マーケティングの最低限の知識として知っておきたいチャネルの種類

by Grand Parc - Bordeaux, France
 マーケティングを考えるうえで避けては通れない「チャネル」という言葉。直訳では「経路」ですがその意味にはいくつかの種類があります。ここでは最低限知っておきたいチャネルの種類について考えてみます。

チャネルの3つの種類

 チャネルにはまず意味としていくつかの種類があることを知っておきましょう。チャネルは、その機能で3つに分けられます。

販売チャネル

 小売店やインターネットサイトなど、商品を販売するチャネルです。

流通チャネル

 卸売業者や流通業者など、生産者と販売者を結びつけているチャネルです。

コミュニケーションチャネル

 テレビや雑誌、インターネットサイトなど、消費者の目に触れる、もしくはやり取りをするチャネルです。

流通チャネルの種類

 チャネルを流通経路としてとらえた場合、その経路には様々なものがあります。それらは以下に分類できます。

直接的なチャネル

 生産者がインターネットや直接ショールームなどで直接消費者に販売することです。

間接的なチャネル

 生産者が卸売業者や小売業者を使って、消費者に販売することです。現在の流通は、ほとんどがこちらの形態です。そしてこれもいくつかに分類することができます。

限定(排他的)チャネル

 生産者から消費者への流れが完全に決まっているものです。自動車など、「売っている場所が決まっている」ものがこれに当たります。

選択的チャネル

 業種や規模などによって、生産者がある程度卸売業者や販売業者を絞り込むものです。家電など、「売っている場所がある程度決まっている」ものがこれに当たります。

開放的チャネル

 生産者が卸売豪奢や販売業者を限定せず、幅広く提供されているものです。日用品など「いろんな場所で売っている」ものがこれに当たります。


 しかし現在は、インターネット販売がこれらの種類を変化させようとしています。例えばアマゾンはインターネット販売という手法で卸売業者と小売業者を兼ねており、これまでのチャネルの概念では説明しにくい存在です。今後、このチャネルという言葉は、ますます変化していくでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する