1. 【ビジネスマンなら知っておきたい】ロジカルシンキングを身につけることで得られる3つのメリット

【ビジネスマンなら知っておきたい】ロジカルシンキングを身につけることで得られる3つのメリット

by Glyn Lowe Photoworks.
 ロジカルシンキングという思考技術は、ビジネスの現場で特に力を発揮するスキルです。仕事にロジカルシンキングを活用することで様々なメリットが生まれ、ビジネスをよりスムーズに進めることができるでしょう。

 デキるビジネスマンを目指すなら、ロジカルシンキングは必須のスキルです。ロジカルシンキングを身につけて、仕事の質をより高いものにしましょう。今回は、ビジネスマンがロジカルシンキングを身につけておくことで得られるメリットを紹介します。

1. 複雑な問題を単純化できる

 ロジカルシンキングとは、事実を論理的に積み重ねることで結論を導き出す思考術です。ビジネス上の問題にロジカルシンキングを活用する場合、問題を要素ごとに細分化してさらに細分化を重ねていきます。問題を理解可能な単純な命題にまで解体し、一つずつ解決策を見つけ出すことで、全体の問題の解決法を探り出すことが可能です。

 分析はロジカルシンキングに必須の能力であり、分析を行うことで複雑に絡み合った要因を一つ一つ丁寧に解きほぐし、本質的な解決策を考えることができるのです。

 また、ロジカルシンキングを利用すれば単純な事実から演繹的に思考を進め、本質的な問題を探り出せるでしょう。ロジカルシンキングは物事を単純化して考えることで因果関係を明らかにし、どこに問題が潜んでいるのかを割り出すための技術です。

2. 効率化が実現する

 ロジカルシンキングを活用すれば、全体の枠組みを筋道の立ったものに整理することが可能になります。論理的根拠に基づいて整理された筋道は、ビジネスを最適な効率で進めていけるでしょう。論理的な構成で組み立てられた工程は、ビジネスに関わる者全員が正しく本質を理解する効果をもたらすのです。

 誤解や認識不足によるビジネス上の問題が発生することを防ぎ、正確なビジネスを実現するためには、ロジカルシンキングに基づいたビジネスの枠組み作りが最高の選択肢であると言えるでしょう。

3. 説得力を獲得する

 ロジカルシンキングに基づいて企画を構成すれば、複雑な内容をシンプルで順序だった構成に仕上げることができます。プレゼンテーションや会議などで企画を提案する場合、重要なのは企画の内容と発信力。どんなに内容が優れていても、発信力が不足していて聞く人が内容を理解できないようでは賛同を得ることは不可能です。

 ロジカルシンキングは企画に強い説得力を与え、合理的な根拠を示すことにより実現可能性を示すことができます。論理的で説得力のある企画は聞く人の理解を得やすくなり、合意形成に向けた賛同を集めやすいものになるでしょう。


 ロジカルシンキングとは思考技術に論理性を持たせるための手法であり、事実を積み重ねることで結論を導くことを目的としています。その特性をビジネスに活用すれば、ビジネスモデルの構築やビジネスプランの提案に大きく役立つでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する