1. 人事担当者が面接の結果を文書で知らせる時に注意したいこと

人事担当者が面接の結果を文書で知らせる時に注意したいこと

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 人事担当者は、面接の結果を文書で、採用希望者に伝えるときがあるかと思います。しっかりとした文書を書くことで、ビジネスマンとしてのマナーを示し、会社の顔としての役割を果たしましょう。ここでは、採用担当者が面接の結果を文書で伝えるときに注意したいことを紹介していきたいと思います。

メールで送るのがベター

 面接の結果を送る手段としては、メールで送るのが無難でしょう。メールであれば、相手もすぐに結果を確認することができ、また、次の面接がある場合は、日程の調整が容易に出来るというメリットがあります。

不採用の場合でも丁寧な文面を心がける

 不採用となる場合であっても、ビジネスマンとして、横柄な態度は取ってはいけません。もしかしたら、ビジネスシーンでまた会う機会があったり、別の機会で採用する場合もあったりするかもしれません。文書で失礼の無いように心がけましょう。

採用だった場合はすぐに次回の日程を調整する

 採用の場合ですが、すぐに日程の調整に入ったほうがいいでしょう。面接を受けに来る採用希望者は、他の企業とも日程を調整している場合があります。早めに日程の調整を連絡することで、相手にとって都合のいい時間帯で次回の面接を受けてもらうことができるでしょう。


 ここでは、採用担当者が面接の結果を文書で送る時に気をつけたいことを紹介しました。しっかりとマナーを守った文章を送るように心がけましょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する