1. マーケティング・リサーチを行う前に確認しておきたい調査の項目

マーケティング・リサーチを行う前に確認しておきたい調査の項目

by Bert Kaufmann
 マーケティング・リサーチを行おうとする場合、そのアプローチ方法によっては意図したデータをうまく拾えない、または拾えたと思っていても実は間違っていたということがあります。ではそのようなことを防ぐために、マーケティング・リサーチを行う際に確認しておきたい項目にはどのようなものがあるでしょうか。

マーケティングを行なうときの目的を明確にする 

 まずはマーケティングの目的です。  漠然とした目的は、調査を調査だけで終わらせてしまうので、明確な目的を設定する必要があります。 

 例えば、今の競合相手の状況が知りたいと考えたとします。その場合考えられる手段は市場シェアです。そして実際に市場シェアを調査すると、自社より高いか低いかがわかります。その時良い悪いなどの感想を述べてもそれは単なる感想であり、マーケティング活動ではありません。それを知ったことで得るものが何もないからです。そこには、「調査した」という自己満足が残るだけです。 

 目的のないマーケティングは、このように何も導けないものになってしまいます。したがって、例えば「相手のシェア推移とその期間の相手のプロモーション活動を調べ、因果関係を見る」などのように、それを知ることで次のアクションを起こせる「目的」という項目が必要なのです。 

二次データやこれまでの調査データ 

 次に確認しておきたい項目として、二次データやこれまでの調査データがあります。二次データとは、もともと何らかの形で調査されて公表されているデータです。そして二次データには様々なものがあります。 

 もしかしたら、知りたいことはすでに調査機関などが調査済みのことかも知れません。そのような場合は、すでにある二次データの項目を活用したほうが時間と費用を節約できます。 

 また、以前同じようなケースで、同じような項目の調査を行っているかもしれません。日々膨大なデータを扱っていると、過去のことはわからなくなりがちです。これまでのデータに活用できるものがないか検討し、時間とともに結果が変わるものかどうかも合わせて検討して、活用できるものは活用しましょう。調査を行うことは、それだけで時間と費用、労力がかかります。また、他部署や外部機関などの様々な組織や人を動かすことになります。無駄のない調査を行うために、事前に上記の項目を確認してよりROIが高まるような精度の高い調査を行うように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する