1. 企業が「成長戦略」を立案する際に気をつけるべきこと

企業が「成長戦略」を立案する際に気をつけるべきこと

by Alison Christine
 企業がこれから会社を大きく盛り上げていくのに、成長戦略は欠かせないことですが、成長戦略についてしっかりとした計画を立てておかないと、大きな失敗に繋がります。ここでは企業が「成長戦略」を立案する際に気をつけるべきことにについて話していきたいと思います。

将来性や目標を達成することができるか

 まず、企業が成長戦略を立案する際に気をつけるべきこととしては、進出したい分野についてどれぐらいの将来性があり、目標までの成果がしっかりと見込めるのかということです。成長したい分野がこれから発展していく分野でなければ、その分野に進出しても成長を見込んだ通りにいく可能性は少なく、目標通りにいかない可能性があります。成長戦略においては、進出したい分野が今後どれぐらい伸びていくのかということをしっかりと分析し、どこまで到達したいのかという目標を明確に持って戦略を立てていかなければなりません。

資金や人材の確保をどのようにするのか

 次に、企業が「成長戦略」を立案する際に気をつけるべきこととしては、戦略を実行する上での機資金、人材面でのことが挙げられるでしょう。いくら成長戦略が素晴らしいものであっても、それを実行するためのものがなければ実現が難しくなります。資金や人材の確保に対して見込みをきちんと立てた上で成長戦略を考えることが重要です。


 ここでは、成長戦略を企業が立案するときに気をつけたいことを紹介しました。企業が成長するためには、きちんと戦略を立ててから実行する必要があります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する