1. 企画を立てる上での目的と効果を明確に示すことで得られるメリット

企画を立てる上での目的と効果を明確に示すことで得られるメリット

企画を立てる上での目的と効果を明確に示すことで得られるメリット 1番目の画像
by Daveness_98
 企画を立てる中で、目的と効果を明確に示すことで協力者をまとめて1つの方向へと導くことができます。そもそも、その企画が立ち上がったのは要因が必ずあるはずです。まずは、そこからしっかりと分析して解明する必要があります。

 要因の一つとして、うまくいっていない現状があること・繰り返し失敗していること・うまく成功することができていないことなどが挙げられます。そこで、なぜうまく出来ていないのかを考えます。その原因の中にも、結果が出ているはずなのでそこから検証する必要があります。

今までに気がつかなかったことに原因

 そもそもうまくいっていなかった理由の1つに、今までに気がつかずに失敗や成功していなかったことが挙げられます。まずは、うまくいかなかった中にもそれなりの結果が出ていると思うので、それをよく調べていくうちに今まで気づかないことでうまくっていなかったことがあります。

 よく注意して失敗した結果を分析していくと、ある数値が他のものと違って高かったり、低かったりします。そこで、なぜ数値が他のものと違うのかを考えてみます。それを確かめるために実際に現場や物などを確かめてみます。すると、あるところに欠陥があったり、今まで気がつかなかったことが出てくることがあります。そこで企画を立て、そのうまくいかなかったことに対して効果が出るように目的を立てていきます。今まで見落としていた部分にたいして、どのような効果が出るのかを検証していくのです。

企画を協力者と共に検証する

 そこで企画を協力者と共に検証し、どのような目的のために企画して、効果を得られるのかを説明します。また、協力者の意見があれば参考にするなどのミーティングを行います。協力者の中からは、今まで見落としていた意見も出てくるかも知れないので参考にしましょう。

 また、資料を作成して今回の企画の内容や目的、期待できる効果を示します。協力者との意見がまとまったところで、企画の実行をしていきます。指示の通り協力者を実行させる必要があります。

企画を実行し効果や結果を更に検証する

 実際に企画を実行してみると、なかなかうまくできないことや協力者に実際にはうまく説明できていない点やうまく理解できていない点が出てくると思います。

 その際は、こまめに連絡を取ってうまくいくように相談や協力します。またそのような点は、うやむやにせずにまたミーティングなどの機会に参考にするべきです。今回企画した目的が必ずしもうまくいく結果が出るとは限りません。また繰り返し、今回の企画を原因と考え、また次の企画の参考にしていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する