1. マーケティング戦略の策定をする際に「ターゲット分析」を行うメリット

マーケティング戦略の策定をする際に「ターゲット分析」を行うメリット

by kahvikisu
 マーケティングでは、戦略を決めることが重要になりますが、その際に、ターゲット分析をしっかりと行うことが必要となります。ここでは、マーケティング戦略を決めるときのターゲット分析を行うことのメリットを紹介していきたいと思います。 

商品の軌道修正が可能 

 製品を開発したとしても、顧客の反応がイマイチである場合があります。そのような場合には、本当の製品購入者が、企業の定めているターゲットと合致していないという事が考えられます。 そのため、製品を軌道修正したり、新たな製品を開発する必要性が現れます。 その時に必要になるのがターゲット分析です。 「実際に売りだした上で購入者は誰なのか」についてターゲット分析を行います。狙いとしていたターゲットと、実際のターゲットのズレを分析することで、マーケティング戦略のズレや、商品そのものの軌道修正をすることが可能となるでしょう。

コストの削減に繋がる

 ターゲットを分析し、マーケティング戦略を決定することは、製品を開発する上で、結果的にコストや資源の削減になるという点もメリットと言えるでしょう。ターゲットを定めることにより、人件費や材料費等を根本的に押さえ、資本の投入も押さえる事ができるためです。そのため、効率よく製品を顧客に展開していく事が可能になります。


 ここでは、マーケティング戦略を策定するときにターゲット分析を行うメリットを紹介しました。メリットを押さえてマーケティング戦略を決めていきましょう。ぜひ参考にしてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する