1. 会社に休みの連絡を入れる時に気をつけたいマナー

会社に休みの連絡を入れる時に気をつけたいマナー

by Pavel P.
 休みの連絡を入れる時って言いづらい人もいるかと思われます。特に新入社員で入り立ての人、転職で始めて入る職場で急にお休みを頂く場合どうすれば良いのか悩みますよね。角が立たない為にもきっちり連絡はしましょう。ここでは、会社に休みの連絡を入れる時に気をつけたいマナーを紹介していきたいと思います。

連絡は早めにして事情も伝えておく

 始業時間の30から15分前に休みの連絡を入れるようにしましょう。ギリギリになって連絡をするのはマナー違反です。もちろん、始業時間後に入れるのもマナー違反となります。また、事情がわからないと、相手も困惑してしまいます。しっかりとなぜ休むのかは明確にしておきましょう。復帰するまで時間を要する場合は、いつ戻るのかを示しておくといいのではないでしょうか。

仕事の引き継ぎはしっかりと行う

 会社を休む場合ですが、自分が担当していてやりっぱなしになっていた仕事があれば誰かできそうな人に頼むために伝言する必要があります。そして、仕事に復帰したら変わりに処理していただいた人や周りの人に「ありがとうございました。」とお礼とご迷惑を掛けた事を一言添えましょう。


 ここでは、会社を休む際に気をつけたい連絡のマナーを紹介しました。しっかりと休む場合はマナーを守って連絡をすることが必要です。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する