1. 「ロジカルシンキング」を業務の中で活かすために実践すべき3つの行動

「ロジカルシンキング」を業務の中で活かすために実践すべき3つの行動

by Eduardo Loureiro
 ビジネスではロジカルシンキングが重要、とよく言われます。確かにロジカルシンキングはあらゆる場面で活用できる思考法であり、ビジネスでも様々な方法で応用することが可能です。論理的な思考法を用いることで正しい認識と共感を獲得し、ビジネスに対する理解が深まるでしょう。ロジカルシンキングを具体的に活用する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は、ロジカルシンキングを業務の中で活かすためにすべきことを紹介します。

1. 問題点を観察する

 ビジネスに関わる中では様々な問題に直面します。問題に直面した時は、問題の本質を詳しく観察して置くことでロジカルシンキングに役立てることができます。問題点を深く観察することで原因調査に向けた論理的考察が可能になり、ロジカルシンキングを用いて原因分析を実行することができるのです。

 ロジカルシンキングは、問題が起きたという事実から原因を分析し、改善提案という形で業務を改善することを可能にする思考方法です。トラブルや問題に直面した時は、個人的な感想を交えずに客観的な形で事実を把握するように努めましょう。事実に感想や偏見が混じってしまうと、ロジカルシンキングで正しく分析することができなくなってしまいます。

2. 他者に伝える

 ロジカルシンキングを用いることで自分の考えや主張を論理的な形に整理することができます。企画書や提案を出すときは、ロジカルシンキングを用いて自分の主張を整理し、他社に分かりやすい形で示すことが可能になるでしょう。

 ロジカルシンキングを用いて提案を行えば、どのような理由で結果が導き出されるのか、という因果関係の把握が容易になり、提案の持つ効果や意義を正しく理解してもらえるのです。

 ロジカルシンキングは、論理的な説得力を持って手順を説明するのに最適の手法です。ロジカルシンキングに基づいて構成された主張は、提案に説得力を与えます。わかりやすく説得力のある提案は、企画の実現可能性を高める効果をもたらすでしょう。

3. 顧客を理解する

 ビジネスにおいて顧客は最も重要な存在です。個客を正しく理解し大切に扱うことがビジネスの成功につながり、企業に利益をもたらすでしょう。顧客がとる行動には、全て原因が存在します。商品を買わないのには買わないだけの理由がありますし、原因を正しく理解すれば顧客の行動を企業が望む方向に誘導することも可能です。

 ロジカルシンキングを用いることで顧客の行動の結果を分析し、行動の原因を導き出すことができます。顧客調査や市場調査を通じて集めたデータをロジカルシンキングで分析すれば、企業の利益を最大化する戦略がとれるでしょう。


 ロジカルシンキングはあらゆる場面で活用できる思考法です。物事を正しく把握するのに有効な手法ですが、使い方を誤れば事実を歪んで認識してしまいます。ロジカルシンキングの正しい活用法を学び、業務の様々な場面で活かして下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する