1. マーケティング戦略のフレームワークの基本として押さえておきたい「4P」と「4C」

マーケティング戦略のフレームワークの基本として押さえておきたい「4P」と「4C」

by Zengame
 マーケティングを考える上で、有効なのは、フレームワークを用いて思考や分析を深めていく手法です。基本的なフレームワークとして、4Pや4Cというものがあります。ここでは、マーケティングのフレームワークの基本として、4Pと4Cを紹介していきたいと思います。

 企業目線で考える4P  

 4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Promotion(販売促進)そしてPlace(販売ルート)の4つのPを指し、マーケティングの基本となる考え方です。このマーケティングにおける要素は、商品やサービスを消費者に売るために考えるべき基本を列挙したものです。4Pを押さえることで、企業としてやるべきマーケティングは何かが見えてくるのではないでしょうか。4Pだけをマーケティングのフレームワークとして用いると、企業の独りよがりになってしまう危険性があるため気をつけましょう。

顧客目線で捉える4C

 4Cとは、Customer Value(顧客にとっての価値)、Cost to the Customer(顧客の負担)、Convenience(入手の容易性)、Communication(コミュニケーション)の4つのCからなるもので、顧客の視点を重視したマーケティングの基本となる考え方です。先ほど紹介した4Pは企業目線でものを考え、4Cは、顧客目線でマーケティングを進めていくフレームワークです。バランスをよく考えて利用していきましょう。


 ここでは、マーケティング戦略の基本的なフレームワークとして、4Pと4Cを紹介しました。バランスをとって両者を使っていくことが企業のマーケティングでは重要になります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する