1. 契約書のミスを防ぐ!取引先に提出する契約書で見落としがちなポイント

契約書のミスを防ぐ!取引先に提出する契約書で見落としがちなポイント

by Nicholas_T
 契約書が完成して取引先にサインしてもらったのはいいものの、その内容に何らかのミスがあってとんでもない状況になってしまういうことが、ビジネスの世界ではよく起こります。そうならないためにも、どのような点で問題になるのかということを知る必要があります。

 そこで今回は、取引先に提出する契約書で見落としがちな注意点について話していきたいと思います。

契約書の重要な部分の抜け落とし・間違い

 取引先に提出する契約書で見落としがちな注意点としては、契約の重要な部分について何らかの間違いがあったことや、抜け落ちがあったことが挙げられます。

 例えば、頼んでいた商品とは違ったものを間違えて記入してしまった場合や、名前や印鑑など重要な記載が抜けていたりした場合がそれに該当します。重要なところで間違っていたり遺漏があったりすると、契約自体が無効になったり、裁判で書類の内容を覆すのが難しくなったりなど重大な損失を引き起こす恐れが出てしまいます。

 そうなってしまってからでは遅いので、そうならないためにも契約の重要な要素となる部分については、間違いがないようにしっかりと確認して相手との契約をしておくことが肝心です。最も基本的な部分ですが、だからこそしっかりとした確認が必要なのです。

契約書に書かれていない点での問題

 次に、取引先に提出する契約書で見落としがちな注意点としては、契約に書いていないことで問題が起こった時が挙げられます。

 契約書自体には何ら問題がなかったため安心して取引を続けていたときに、契約書になかった事項についてトラブルが発生してしまうときがあります。そんなときに何らの取り決めをしていないと、契約の当事者間でどのようなことを行なっていいのかが分からず、お互いに揉めることになってしまいます。場合によっては契約が解約されてしまうということがあり、重大な損害を被ってしまいかねません。あらかじめトラブルが起きそうな部分に関しては、当事者間で事前に取り決めをしておいて契約書に書いておくことが望ましいでしょう。

 色々な場面が想定されますので、お互いに第三者を交えて協議を行えるように契約内容に記載をしておけば、どちらかの力関係で一方的に不利になるようなことは避けられます。公平性の観点からも、しっかりとした取り決めが行えるようにしておきましょう。

 このような点が、取引先に提出する契約書で見落としがちな注意点となります。契約書は間違い無いようにしっかりと考えて、契約内容を確認しておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する