1. 企画を発案する力を身につけるために日頃からできる3つの取り組み

企画を発案する力を身につけるために日頃からできる3つの取り組み

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 いきなり何かを企画しようと思っても、企画アイデアとは簡単に浮かんで来るものではないと思います。日頃から企画の発想力を身につける取り組みをしておきましょう。ここでは、企画を発案する力を身につけるための取り組みを紹介していきたいと思います。

1. 仕事をする目的の確認

 企画の発想力を身につけるためは、前提条件があります。企画とはある目的を達成させるためにあるものですから、その目的が何なのかがしっかり分かっていないと、そのためのアイデアが浮かびにくいでしょう。多くの企画目的は、自分の仕事をする分野に限られると思います。今一度自分の仕事目的をしっかり問い直し、再確認する必要があるのではないでしょうか。自分の仕事目的を再認識し、常日頃から意識できるようになると、その目的に関する情報や知識が自然と頭に飛び込んで来るようになり、アイデアの下地を作ることが出来ます。

2. メモ魔になる

 企画のアイデアは普段何気ない時にふと頭に浮かんで来ることがあるかもしれません。ちょっとしたことでもメモを取る習慣を身につけて下さい。書くことによって、脳はさらに刺激され、さらに良いアイデアが浮かんでくるでしょう。そして、時より出て来た小さな複数のアイデアについて考え、推論し関連づけてみて下さい。新しいアイデアは、すでにあるに何かにもう1つ何かが加わってできた場合が結構あります。こうしたことによって、発想力は身につき、さらに高められるでしょう。

3. 新しいことを生活に取り入れる

 普段仕事をしていると、日々の生活が結構ルーティン化していると思います。そうなると、脳も刺激されず、発想力も限られたものになると思います。そういったことを回避するために、毎日の生活で、何か違うことを1つでもするようにして下さい。お昼をいつもと違うところで取るとか、いつも買う雑誌を買わないで違ったものを買う等何でも結構です。こうして新しい知識と情報と取り入れることによって、アイデアの幅が広がると思います。


 ここでは、企画を発案する力を身につけるための取り組みを紹介しました。日頃からトレーニングをしていくと、良い発想が生まれ、発案することが出来るようになります。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する