1. 会社を辞め独立をする時に必要な手続きの方法と手順

会社を辞め独立をする時に必要な手続きの方法と手順

組織での仕事

 独立して仕事を行う手続きを探しているということは、組織で働くことを辞めたい人なのか、反対に夢があってそれに向かって独立をするための手続きがどのようなものがあるのかを探している人だと思います。

 組織で働くということは、安定した収入が得られるということですが逆に考えると組織という枠にとらわれて自由に色々なことが出来ないということも言えます。そのような中で息苦しさや、新たな夢を持ち始めた人たちが独立をするにはどうしたらいいのかと手続きなどを考え始めるのでしょう。

独立するということ

 独立するということは、夢ばかりではありません。組織の中で働いているときは心配の要らなかったことが、独立することによって全ての責任が自分自身にかかってきます。

 収入はもちろんそうですが、組織の中にいるときは色々な人で分担していたことを独立するとすべて自分ですることになります。また、手続きだけではありません。仕事を探してくることや、独立の第一歩として重要になってくるのは今いる組織、つまり会社を円満に辞める手続きを行うことも重要です。無用な争いごとを起こさず、円満に退職する手続きを行うことが独立への重要な一歩だと思います。

独立して仕事を行うための手続き

 組織から外れて独立するために必要なことは、個人事業主として登録を行うことです。個人事業開業の手続きのためには、開業届けを税務署へ提出します。開業届けを出すことが組織からはずれ、個人で独立した仕事を行う手続きとなります。また、併せて青色申告の手続きを行うと、申請は大変ですがよりメリットが大きくなります。開業届けを出すことで個人事業としての手続き完了になるので、夢の実現への一歩となるでしょう。

 開業したからといってすぐに事業が軌道に乗るわけではありません。独立の前に、組織で働くことのメリット・デメリットと、独立したときのメリット。デメリットを十分考えた上で、いろいろな手続きを始めるべきだと思います。しかし人生は一回きりです。嫌な思いを抱きながら組織の中で働くより、失敗しても独立して思い切り楽しめる人生を送れるほうが幸せなのかも知れません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する