1. 【誰でも手軽に実践できる】仕事のスピードを上げる2つのコツ

【誰でも手軽に実践できる】仕事のスピードを上げる2つのコツ

by Refracted Moments™
 やらなければいけない仕事はどんどん増えていく一方で、他社との厳しい競争を勝ち抜くために、コストカットを始めとした経営努力を進めていかなければ、企業の存続さえも難しいという時代になってきています。

 したがって、少ない人数で大量の仕事をこなさなければならないという職場は非常に多くなってきているでしょう。少ない人数で大量の仕事をこなしていくためには、仕事をスピードアップさせて、高い生産性を追求する必要がありますが、ちょっとしたコツに気を付けるだけでも仕事のスピードは向上するのです。

1. 仕事を始める前に少し時間をとって準備する

 忙しい時ほど、とにかく早く仕事を片付けなければならないため、すぐに仕事に取りかかってしまう人は多いのではないでしょうか?しかし、仕事を始める前に少し時間をかけて準備をした方が結果的にスムーズに仕事を進めることができるのです。例えば、一番効率の良い方法はどのような方法か、優先順位はどのように付けるか、といったように落ち着いてあらかじめ考えてから始めると、最終的に仕事を終わらせることができるはずです。

 これは、朝出社して一日の仕事を始めるときにも、まとまった一つの単位の仕事を始めるときにも、どのような場面でも当てはまります。朝出社した時には、今日一日にやらなければいけないことを整理して、優先順位を検討してスケジュールを立てると、時間のロスが発生しにくくなりますし、集中力も保ちやすくなるでしょう。

 当たり前のように感じる人もいるかもしれませんが、要領が悪い人はこのような準備をあまりしなかったり、無計画に始めたりするという人が多いのです。もし、これまで出来ていなかったという人は、数分で良いので仕事を始める前に考える癖をつけると、徐々に効果が表れてスピードも上がっていくでしょう。

2. 小さなテクニックを習得する

 仕事は人によって様々ですが、多くのビジネスマンが行う仕事の一つとして文書作成があります。文書作成といっても幅広いですが、最近ではパソコンの文書作成ソフトやプレゼンテーションソフトなどを利用して、作成するケースが主流になってきているでしょう。

 そのようなソフトの機能をよく理解してしっかりと使いこなすようにできると、作業効率が上がります。これらのソフトは、使いこなすまでのレベルにならなくとも、ある程度の文書は作成可能となっています。しかし、いろいろな機能を理解したり、ちょっとしたテクニックを知っていたりすれば、もっと使いやすくなるのです。

 簡単な例では、ショートカットキーを活用するだけでもスピードはかなり速くなります。効率の良い方法に慣れるまではそれほどスピードの違いを実感できませんが、慣れていくと必ず違いが出てきます。ちょっとしたテクニックやコツによる、ちょっとしたスピードアップの積み重ねが後に大きな差になっていくのです。


 以上、仕事のスピードを上げるコツを紹介してきました。仕事のスピードを上げるコツは、意外と簡単なものであるということが分かったのではないでしょうか。忙しい時にはなかなか余裕がないため、実践できないという人もいるかもしれませんが、少しずつ習慣化するようにしていくと、効果が表れてくると思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する