1. 企画を実現させるための優先順位付けで気をつけたいこと

企画を実現させるための優先順位付けで気をつけたいこと

by paul bica
 新たな企画を提案する場合、多くの提案者は自分の企画を採用してもらいたいと思うでしょう。企画を実際に実現させる時の業務の進め方として、正しい優先順位が設定されているでしょうか。ここでは、企画を実現するための優先順位の付け方で気をつけたいことを紹介したいと思います。

重要性が高いと優先事項になるわけではない

 よく間違えやすいのが、大切な事は早めに済ましておくというものです。企画を進行していくためにはプロジェクトにとって重要な仕事と優先度が高い仕事が別物であると理解しておく必要があります。企画を実現させていくためには、重要性がある仕事だから早めに行うという考えはやめるようにしましょう。

簡単なものから手をつけてはいけない

 優先順位を付ける時に、簡単なことから先にやってしまおうとかんがえる場合もあるかと思います。これは、優先順位の付け方としては間違いです。簡単な事を先に行って難しい事を後回しにしてしまえば、その分難しい事を行う時間が少なくなってしまいます。失敗する可能性が高くなってしまうので、難しいものほど、長い期間で取り組むようにしておきましょう。

問題となっている事の本質を見極める

 企画を考えるときは、現在問題が発生している原因を詳しく分析する必要があります。数値化出来るものであれば、具体的な数字を入れて今ある問題を把握してみましょう。そうすると、改善した時の状態にも数字をいれる事が出来るので、なぜその数字が達成できないのかという根本的な原因にたどり着けます。表面上正解に見える対策を優先させるのではなく、根本的な原因を探るための時間を費やすことが良い企画を生み出すことに繋がります。


 ここでは、企画を実現させるための優先順位の付け方で気をつけたいことを紹介しました。本質を掴み、先入観にとらわれないように優先順位を付けるようにしましょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する