1. マーケティング用語として押さえておきたい「ターゲット・セグメンテーション」

マーケティング用語として押さえておきたい「ターゲット・セグメンテーション」

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 マーケティングをする上で、顧客を分析することは必要不可欠と言えますが、1つの手法として「ターゲット・セグメンテーション」というものがあります。ここでは、マーケティングの基本的な用語として「ターゲット・セグメンテーション」を紹介していきたいと思います。

ターゲット・セグメンテーションの意味 

 ターゲット・セグメテ―ションとは、マーケティングにおいて、販売相手をニーズによって分類するマーケティング手法の事を言います。基本的には性別や年齢、居住地等を元に分類することが多いですが、近年では趣味や興味等のライフスタイルで分類をする事も多いです。また、消費者の購買行動の調査も必要でしょう。購買基準として、製品の属性や知識、使用状況や使用形態に着目し、区分する必要性もあります。

ターゲット・セグメンテーションの持つメリット

 ターゲット・セグメンテ―ションのメリットは、販売するターゲットを絞り込めるため、狙った人に直接販売を訴えかける事ができるという点が挙げられます。また、ターゲット・セグメンテーションをすることで広告などのコストが抑えられるメリットもあるでしょう。ただし、ターゲット・セグメテ―ションが曖昧であれば、適切な効果は得られないため、顧客の興味を十分に把握するが大切です。 


 ここでは、マーケティング用語のターゲット・セグメンテーションについて説明しました。顧客をしっかりと分類して、自社のマーケティングに活かすことが大切です。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する