1. 「ロジカルシンキング」を習慣化することで得られる2つのメリット

「ロジカルシンキング」を習慣化することで得られる2つのメリット

by US Embassy New Zealand
 昨今、書店に行くと書店には自己啓発本がずっしりと立ち並び、その前で真剣になって考えているサラリーマンの姿を良く見かけます。そして、その自己啓発本の多くが必ずといってよいほど、ロジカルシンキングを取り上げていることでしょう。

 では、このロジカルシンキングを身につけ、習慣化するどういったメリットがあるのでしょうか。数多くあるメリットの中でも、私は次の2点を挙げたいと思います。それは「物事の全体像が見やすくなる」「コミュニケーションがスムーズに行える」です。それぞれについて見ていきましょう。

1. 物事の全体像が見やすくなる

 論理的に考える癖がついているおかげで、ある問題に対する答えが比較的簡単に見つけることができるようになります。また、逆に何が問題なのを簡単に見つけることもできるようになるでしょう。それによって、自分の主観に左右されることもなく、物事を客観的に理解し捉える習慣が身につくのです。

 それはまた、比較的難しい事象でも物事の全体像を見やすくさせるでしょう。全体像が見えることによって、盲目的な判断を下すこともなく、時間や費用等を最小限にした有効な判断を下すことが可能になると思います。

 このロジカルシンキングの習慣化がもたらす、物事の全体像を見やすくさせるメリットは非常に大きいと思います。今のような情報が錯乱し、問題解決に以前のケーススタディが全く役に立たない、答えのない時代には特に有益でしょう。

2. コミュニケーションがスムーズに行える

 ロジカルシンキングを習慣化すると、外から入ってくる沢山の情報もとに論理的に考える習慣がついています。そしてまた逆に、何かについて話す時も、道筋たった表現をするようになるでしょう。

 なぜなら、頭の中でその話すテーマがすでに論理的に整理されているからです。道筋のたった話は、それを聞く相手にとっても非常に分かりやすいものですし、非常に納得しやすいものだと思います。入って来ることを論理的に考え、表現することでスムーズなコミュニケーションが行えるようになるのです。このメリットは、職場に限らず、日常生活においてもその威力を発揮することでしょう。


 ロジカルシンキングを習慣化することのメリットは、物事の全体像が見やすくなることと、潤滑なコミュニケーションが行えるようになること。ロジカルシンキングと聞くと、仕事場で使うものといったイメージがあるでしょうが、普段の生活においても、こういったメリットは有効に活用できると思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する