1. 職場の環境を改善するように提案する時に気をつけたいこと

職場の環境を改善するように提案する時に気をつけたいこと

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 職場において、改善すべきことや不満に思っていることがあるひとも多いのではないでしょうか。提案し、そのような不満や改善点をなくしていきましょう。ここでは、職場の環境の改善を提案する時に気をつけたいことを紹介していきたいと思います。

改善をすればどのようなメリットがあるかを明確に伝えること

 自分の提案が採用されたら、会社や上司によってどんなメリットがあるのかを明確にしながら伝える工夫が大切です。具体的な数値等があれば資料に添付するなど、相手を納得させられるように努力してみましょう。実際にそのようなやり方をして成功をおさめている同業他社などの例があればそちらを例に出してみるのも一案です。出来るだけ最先端で、会社にとって貢献できるものが望ましいでしょう。

対策や改善案を考えておく 

 不満や改善の提案をするときに気をつけたいのが、ただ不平不満を述べるのではなく、「こうしたい」という形で提案していくことです。おそらく、改善すべき内容をただ述べただけでは、どのような施策がメンバーにとって有意なのか判断がしにくくなってしまいます。対策やもっとこうすべきというような改善案を提案の際に一緒に言うといいでしょう。


 ここでは、職場環境の改善を提案するときに気をつけたいことを紹介しました。相手の立場に立った提案ができるように頑張りましょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する