1. スピードとクオリティを両立させる仕事の進め方のコツ

スピードとクオリティを両立させる仕事の進め方のコツ

by paul bica
 効率よく仕事をするためには、スピードを上げる必要があります。しかし、スピードを求めていると、段々と仕事のクオリティが落ちてしまうこともあるでしょう。ここでは、スピードとクオリティを両立させる仕事の進め方を紹介していきたいと思います。

いっぺんに仕事をこなさない

 仕事のスピードを上げるためには、いっぺんに大量の作業をこなしていきたいと考えがちです。実際、全部をまとめて一気にやってしまった方が早く出来る事もあるかもしれませんし、早く出来るような気がします。しかし、まとめて大量にしてしまう事で、見直しをしようと思った時にかかる時間が長くなり、長時間の集中力を持続させることも困難になってしまうでしょう。また、万が一にも間違いがあった、ミスがあった場合にも、見直す量が多くなるため、それだけ時間がかかります。つまり、総合的に見た場合は、スピードが下がっているという事になるでしょう。まとめて仕事をすることは、結果として時間を無駄に使ってしまうことに繋がるのではないでしょうか。

作業を細分化して繰り返すようにする

 スピードとクオリティを両立するには、仕事を出来る限り細切れにして小さく細かく何度も繰り返す仕事にするといいのではないでしょうか。一見、小さく細かく千切ってしまうと、効率が悪くなるように思われますが、実際はそうでは有りません。作業を小さく区切る事で、見直しやチェックをするときでも、集中して確忍と見直しが出来ます。また、万が一どこかの段階で間違いやミスがあったとしても、ミスや間違いを探し出す箇所が小さくなっている分だけ、見つけやすくなるでしょう。出来る限り小さく千切り細かい作業をいくつも積み上げる。たったそれだけの事で、きっとスピードが上がり、最終的な仕事のクオリティも上がるでしょう。


 ここでは、仕事のスピードとクオリティを両立させるためのコツを紹介しました。作業を細分化することで、ミスが少なく、より効率的な作業ができます。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する