1. マーケティング活動の基礎!基本的なマーケティング手法の一覧

マーケティング活動の基礎!基本的なマーケティング手法の一覧

by Perrimoon
 これから、マーケティングについて担当となったりする人にとっては、マーケティングについて位置から学んでいかなくてはいけません。

 マーケティングの知識が周りにいきなりついていけなくても、何とかして最低限のことはできる限り知っておきたいと考えている方も多いでしょう。そこで今回は、マーケティングをする際に最低限知っておいてほしい手法について説明したいと思います。 

差別化戦略

 マーケティングの手法として、まず最低限知っておいてほしい手法としては、差別化という手法です。差別化とは、その名の通り他の会社の商品とは性質の違ったものを作り出して、そこにしかないという価値を作り出して勝負する手法です。 

 差別化する具体例として最もよくある手法は、価格をどこよりも安くする低価格路線や、商品の価値や手間をかけて高級ブランドのような付加価値を付けたうえで販売していくという方法などがあります。 

 差別化して商品を作り出すことは、その商品やサービスについて独自の路線を歩めることから、他社に先んじて利益を得ることが出来たり、かなり固定的な顧客を確保するのなどにとても有効な手段であります。自社の強みを生かしたり、見つけ出したりしてマーケティングに生かせるといいでしょう。 

セグメンテーションとターゲティング 

 セグメンテーションとは消費者を各セグメントに分けることであり、ターゲティングとはセグメンテーションで分けた消費者をどれに絞るのかということです。 

 実際に自社の強みを抑えたのなら、次はその強みを生かせる相手を選ぶことが重要です。消費者がどのようなものを欲しているのかということは、客層・年齢・性別・商品サービス内容によって変わってきます。

 そのため、消費者に自社の強みとなる製品を提供するためには、まずは消費者の層を分けなくてはなりません。それを分けたうえで、商品を提供する人間をまずは絞ってから、さらにどのような人間に対して提供していくのかということを絞るのです。 

4P戦略

 4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Promotion(販促)、Placement(流通)の頭文字を取ったものであり、どのように差別化してどのようにお客様を絞っていくかという切り口からマーケティングを行う手法です。 

 例えば車を売る際に、どのような層に対してどのような形や大きさのものを、どのような価格で販売をしていくのかというのであり、その車を販売する層を絞っていくというようなことです。実際に商品によってどのようなものをどのようにして提供するのかということを具体的に決定するにあたって、この手法はマーケティング活動にはとても重要かつ基本的な役割を果たします。

 以上が、基本的なマーケティン手法となります。応用はこれらが全て基礎になってくるので、押さえておくようにして下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する