1. マーケティングの知識として知っておきたい「SWOT分析」と「3C分析」

マーケティングの知識として知っておきたい「SWOT分析」と「3C分析」

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 企業の営業活動において、マーケティングは非常に重要です。商品やサービスの売上を左右すると言っても過言ではありません。大きな企業ではマーケティング専門の部署があるところも多く重要だということがわかるでしょう。ここでは、マーケティングの基礎とも言える「SWOT分析」と「3C」について紹介していきたいと思います。

「SWOT分析」

 SWOT分析とは、企業が目標を果たすために、自分の置かれている環境を分析する手法です。自分の企業が抱えている強み(Strengths)と弱み (Weaknesses)、そして、自分の企業が置かれている環境から機会(Opportunities)と脅威(Threats) を挙げてそれぞれ分析します。 大きく分類すると強みと弱みは内的要因といわれ、自社のヒト・モノ・カネを指すものです。機会と脅威は外的要因とされ、市場やライバル企業の動向などを指します。 これらを分析し、マーケティングに活かしていくためには、これらの要因を組み合わせて考える必要があるでしょう。たとえば、「強み」と「機会」を合わせれば、事業の拡大や強化を目指せます。また、「強み」と「脅威」を合わせれば、他社との差別化を測ることが出来るでしょう。 

3C分析 

 マーケティングをする際に基本となる分析方法としては、SWOT分析の他に3C分析があります。3C分析は、マーケティングをする時に、顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の観点で分析をする手法です。 マーケティングを考える上で、特に重要な3つの観点に絞って考える分析方法となっています。顧客が抱えるニーズや自社と競合の比較をすることで、マーケティングとしてどのような施策を打てばいいのかがわかるでしょう。


 ここでは、マーケティングの基本となるSWOT分析と3C分析を紹介しました。この2つは、組み合わせて考えるとさらに効果的です。また、2つに重なる部分も多く、双方を対比させたりするのも一つの手と言えるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する