1. [自社ブランディングは重要]BtoBの企業が抱えるマーケティングの課題

[自社ブランディングは重要]BtoBの企業が抱えるマーケティングの課題

by josemanuelerre
 「BtoB」とは「Business to Business」の略で、企業間取引のことを指します。これに対する語には、「BtoC」や「BtoG」があります。

 BtoCとは、Bussiness to Consumer」の略でB2Cとも言い、顧客に対する商取引の事を言います。一方、BtoGとは「Bussiness to Government」の略でB2Gとも言い、公的機関との商取引の事を指します。

 ここでは、BtoB企業とマーケティングとの関連性について解説していこうと思います。 

BtoB企業のマーケティングにおける課題

 BtoB企業は、一般消費者を相手にするのではなく、企業を相手にビジネスを展開する企業です。一般消費者向けではないため、良い技術さえあれば何もしなくても売れるという考え方が根強くありました。

 しかし、この数年で状況は大きく変わってきました。その大きな要因として、低コストでソーシャルサービスなどのコミュニケーションメディアが使用できるようになり、安価な価格で広告宣伝が行えるようになったことが挙げられます。

 安価な広告宣伝ツールが登場した事により、BtoB企業も広告を使うマーケティングやブランディングに積極的になっています。その会社が「何をしている会社なのか」と世間に認知されることで、売り上げが伸びるだけでなく、人材もそこに集中することになります。

 ビジネス環境の変化は近年ますます激しくなり、人材も多様な種類の人間が必要になっています。そのため、BtoC企業と同じようにブランディングを確立し、自社のブランドを認知し続けて行く事が今後の課題になります。 

BtoB企業で働くために必要なこと

 BtoB企業は様々な業種をカバーする企業です。そのため、全ての企業を見るという事は現実的に困難です。従って、アンテナは普段から広くはっておかなければなりません。新聞や本、テレビやインターネットなどのメディアを通し、事象を掘り下げた内容を見て関心を持てる分野から探っていきます。そこでもし気になる企業が見つかれば、そこで働いている人の意見を聞くという事が大切です。

 朝から晩までどのようにその人が過ごしているのか聞いてみると、BtoBの企業で働いている人ならではの働き方が見えてくるかも知れません。働き方を見るということはその会社の事を探る事であり、将来長く働く会社であれば知っておく事が大切でしょう。

 BtoB企業は新たなマーケティング手法を取り入れることで、独自の成長を遂げようとしています。BtoB企業に既に関わっている人も転職しようしている人も、その企業が抱える課題を知ることで対応していく事ができます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する