1. 顧客を感動させるサービスを提供するために考えるべきこと

顧客を感動させるサービスを提供するために考えるべきこと

by
 サービスを顧客に提供するような企業であれば、顧客満足度を上げることが課題となってくるのではないでしょうか。顧客を感動させるようなサービスが提供できれば、顧客満足度も上昇するでしょう。ここでは、顧客を感動させるサービスを提供するために考えるべきことを紹介していきたいと思います。

感動するサービスは期待以上の働きをすること

 企業として収益を上げていくためには、取り扱うサービスの価値をお客様に提供して、その対価をもらうことが基本です。顧客がなぜ代金を支払うかというと、企業が提供する商品が期待通りであったり、要求を満たしたりしているからです。この「納得」は「満足」と同じ意味と捉えて良いでしょう。顧客を感動させるサービスは、この満足を更に超えるような価値を顧客に提供することではないでしょうか。顧客を感動させることを意識するときは、顧客の期待以上の働きをするということであると念頭に置いておきましょう。

まずは「して欲しくないことをしない」ことから始める

 顧客が感動するサービスを作るためには、自分がして欲しいことをお客様にしてあげる必要があります。しかし、自分がして欲しいことを追求しても、自己満足の押し売りにしかなりません。まずしたいことは、「自分がして欲しくないこと」を顧客に提供しないということです。商品知識やサービス向上は、対価を得るために納得をいただくための最低限のものではないでしょうか。まずは「してほしくないこと」から潰していって、それから「してほしいこと」に目を向けるようにしましょう。


 ここでは、顧客を感動させるサービスを提供するために考えるべきことを紹介しました。期待位以上の働きをするということを心がけるためにも、まずは、してほしくないことをしないことから始めていきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する