1. 仕事における「提案」と「意見」の違い:すぐれた提案ができてこそ「デキるビジネスマン」

仕事における「提案」と「意見」の違い:すぐれた提案ができてこそ「デキるビジネスマン」

仕事における「提案」と「意見」の違い:すぐれた提案ができてこそ「デキるビジネスマン」 1番目の画像

 仕事をする上では常にはっきりした自分の意見を持つことは大切だ。時には、意見や提案をすることも必要になってくる。


 「提案」という言葉は、「意見」とも言い換えるだろう。普段、提案と意見を曖昧に使い分けている人が多いのだ。

 本記事では、仕事における「意見」と「提案」の違いについて紹介したい。

「提案」と「意見」のそれぞれの意味

 まず、「提案」と「意見」という言葉が指す、それぞれの意味について見ていきたい。

【提案と意見の意味】意見の意味とは

 「意見」とは、ある問題に対する自分の考えや主張を指す。

 例えば、ある商品やサービスについて、売り上げを伸ばすためのマーケティングをしたとする。

 アンケート調査やモニタリング調査をして、その商品についての意見や感想を求めるわけだ。

 出される答えは、「ここが好き」「ここが嫌い」といった感想だろう。これが「意見」だ。

 さらに「他社のAという商品と比べて、この商品はこういうところが劣っている」といった種類の指摘も「意見」に入る。

【提案と意見の意味】提案の意味とは

 「提案」とは、議論などで意見や案を出すこと、またその意見を指す。

 上記の意見に対して「他の商品よりここが劣っている。そこをもっとこう変えると、よりよい商品になると思う」と指摘するのが「提案」だ。

 改善や変更をすることによって、より良い成果を得られることを提示することを意味する。

「意見」と「提案」の意味

  • 意見:ある問題に対する自分の考えや主張
  • 
提案:議論などで意見や案を出すこと、またその意見

「提案」と「意見」の違いとは

仕事における「提案」と「意見」の違い:すぐれた提案ができてこそ「デキるビジネスマン」 2番目の画像

 上記で説明した言葉の意味を踏まえて、「提案」と「意見」の違いについて深く見ていきたい。

「意見」が「提案」に繋がる

 「提案」と「意見」は一見同じ意味に聞こえるが、決して同じとは言い切れない。意見があってこその提案なのである。

 上述したアンケートやモニタリングを例にすると、意見だけでは商品やサービスの改善はできない。

 例えば「他の商品と比べて劣っている」という意見について、客観的・論理的に分析しなければならない。


 「どこがどう劣っているのか」を明示することで、「ここをこう変えれば……」という提案がより具体的に示される。

 商品やサービスなどのに対する意見があってこそ、提案に繋がってくるのだ。

「提案」と「意見」の違い

  • 意見をもとに解決策や改善策を出すことが提案
  • 
意見が提案に繋がる


 本記事では「提案」と「意見」の違いについて紹介してきた。

 ビジネスシーンでは、自分の意見や提案をすることが多い。しっかりと意味を理解し使い分けなないと、会議の趣旨がずれてしまうかもしれない。

 本記事を参考に、「提案」の「意見」の違いを押さえよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する