1. 花形の職種と呼ばれる所以はここに!企画職が行っている一般的な仕事内容

花形の職種と呼ばれる所以はここに!企画職が行っている一般的な仕事内容

by spinster cardigan
 商品やサービスを売り出す事を仕事としている企業において企画部署は会社の要とも言えます。では、企画を担当している部署が行う仕事との業務内容はどのようなものでしょうか。

発想

 まず、企画職の仕事の一つとしてはアイデアを出す事です。発想は才能だ、と言われる事もありますがそうではありません。発想は訓練次第で伸ばす事が出来ます。しかも、その訓練は日常の中でも可能です。例えば、普段の生活の不満点とその解決策を考えること。そして今使っているものの新たな使い方を探す訓練も有効です。

マーケティング

 マーケティングは自社のサービスをどのように売り出すのかを考える業務です。今や社会環境が複雑化しており、この仕事のみ外注に委託する会社も増えてきています。それほど、専門的な知識や経験が活かされる分野です。しかし、委託しているからと言って企画職が全く知らないで良い訳ではありません。

 冒頭で述べた様に企画とは会社の要です。マーケティングを委託した会社に自分の会社が何を求めているのかという事を伝えていくには、やはりマーケティングの知識がないと、より深く納得の出来る結果は得られないと言えます。

(技術)開発

 企画職は、新たな商品をプロデュースする仕事も担うものです。そのため、技術者ほど専門的な知識で無くても良いのである程度の開発技術の把握や活用は日常の仕事内容の内と言えます。

書類作成

 企画書の作成は、企画職においてかなり重要なものです。頭の中で発想を練って、マーケティングを行ったとしても、それを企画書として提案出来なければ、他の人に伝わりません。また、効果的な企画書を作成するにはスキルも経験も必要です。

 回りくどくて要点を捉えない様な企画書をいくら作ったとしても、単に解りにくいだけだからです。「一枚企画書」という言葉が流行している様に、中核を成す要点はいくつも無いはずです。

マネジメント

 「企画部門は商品やサービスの企画だけ練っていればいい、あとは他の部署で調整していくから…」という方針の会社もあるでしょうが、企画物の内容は、企画した人間が一番よく解っているものです。そのため、企画後の管理やマネジメントを企画職がある買うこともあるのです。

 企画職はサービス案を考えるだけでなく、その後の行程にも幅広くかかわることがあります。そのため、他の職種より多くの経験ができますが求められるスキルも幅広くなります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する