1. 英語のライティングの勉強をするときに有効な目標の設定の仕方

英語のライティングの勉強をするときに有効な目標の設定の仕方

 
 英語のライティングができると英語を使った仕事をしたいときに大変有利になります。外資系企業では即戦力が重視されるため、英語のライティングができればできるほど重宝されます。多少英語を話すのが苦手な人でも英語のライティングができると、英語の理解力が高い頭の良い人と評価されるようになります。頑張って英語のライティングの勉強をして、上手くキャリアアップにつなげたいものです。ここでは、英語のライティングの勉強をするときに有効な目標の設定の仕方をご紹介します。

最終的な目的は何かを考える

 有効な英語のライティングの目標を決める時に、自分は何のために英語のライティングの勉強をするのかという目的を考えましょう。ライティングのスキルを付けて結局何がしたいのかというのが自分ではっきりと分かっていれば無駄な勉強をしなくなります。そしてさらに、スキルアップにつながる近道を自然と見つけることが出来るようになります。

 あなたは、ライティングのスキルを上げて外資系企業で働きたいですか。それともMBAを取得するためにライティングのテストに受からなければいけないでしょうか。自分自身に良く問いかけて具体的な目的を知りましょう。

自分の実力を知る

 現在の英語力で自分の最終目標にたどり着くためにどれくらい勉強したらいいか、英語のライティングを一年間勉強してどれくらい実力が上がったかなどの自分の実力を知ることがとても大事です。

 TOEICのライティングのテストなどを受けて、「今回はこの点数だったから次回テストを受けるときはこの点数まで上げるように勉強をしよう」というように具体的な目標を立てましょう。テストを受けるとどれくらい実力が上がったかすぐ分かるので、勉強する励みにもなります。

 またテストの点数が伸び悩んでいる時は、勉強方法を変えてみたり苦手なものは何かを発見しどこに集中して勉強をしたらいいかを考える良いチャンスになります。

実現できる目標を立てる

 次回ライティングのテストを受けるときに、何点上げようという具体的な目標を立てましょう。しかし、そこで1度考え直してみてください。その目標は実現できるものでしょうか。学生であれば毎日学校に行ったり、社会人であれば仕事を長時間しています。そんな生活の中でライティングを勉強する時間は限られてしまいます。

 自分の今置かれている状況を考えてみてください。あまりにも大きな目標を立てるよりも、少し手を伸ばしたら届きそうな小さな目標を立てて着実に目標達成していくほうがより効率的でモチベーションアップにもなります。

期限を決める

 英語のライティングの勉強をするときに、TOEICのライティングのテストで何点をいつまでに達成するという時間制限をつけた目標を立てるようにしましょう。そうすることによって、一日何個単語を覚えなければならないか、1か月で苦手な文法を復習しライティングの練習問題を何ページ何月までに終らせるかなどの具体的な勉強のプランを考えることができます。

 ライティングのテストの目標点数を期限内に達成できなさそうな場合、「もっと勉強時間を確保しなければいけない」「ビジネス用の英単語を集中して覚えよう」などいろいろな対策が思いつくようになります。


 今回ご紹介した英語のライティングの勉強をするときに有効な目標の設定方法を参考にして、効率的にライティングのスキルが上がるように勉強しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する